「砂丘の蛙」柴田哲孝著

公開日: 更新日:

 殺人事件の刑期を終え、出所したばかりの崎津直也の死体が神戸港に揚がった。その知らせを受けた夜、10年前、崎津を逮捕した刑事・片倉康孝が刺された。片倉と崎津を刺した凶器は同じものだった。

 片倉の部屋は何者かに荒らされていたが、彼は犯人が捜していたのは崎津が刑務所から送った手紙ではないかと気づく。暑中見舞いには「間もなく若精霊が参ります」、別の手紙には「蛙の木乃伊が、砂丘の砂の下には死屍累々と埋まっている」と謎の言葉が記されていた。崎津の死は10年前の事件と関係があるのではないか……。

 捜査本部から外されたが、片倉は過去の事件を洗い直す。片倉刑事シリーズ第2弾。(光文社 1600円+税)


日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    朝ドラ熱演好評…三浦貴大“日本のマット・デイモン”の異名

  2. 2

    竹内涼真は東出級の反感も…コロナ禍に同棲女優追い出し報

  3. 3

    交際報道めぐり発覚「平祐奈vs橋本環奈」熾烈な争いと因縁

  4. 4

    安倍政権批判封じ“SNS規制”完全裏目 ネット世論が返り討ち

  5. 5

    浪費はないはずなのに…定年後の1年で200万円が消えたナゼ

  6. 6

    作曲家デビューした裕一「福島行進曲」B面の作詞家は?

  7. 7

    真の経済効果は28兆円 空前絶後の閉店招く粉飾コロナ対策

  8. 8

    鉄腕DASHに登場 元TOKIO山口復帰と長男デビューの同時計画

  9. 9

    横山やすし師匠、あの理不尽な苦痛を俺は一生忘れません!

  10. 10

    “脇職人”みちょぱ 絶妙スタンスを生んだ彼女の飽きっぽさ

もっと見る