「健康長寿のための医学」井村裕夫著

公開日:  更新日:

 天井知らずの介護費や医療費を削減するためには、「健康寿命」をどこまで延ばせるかがカギとなってくる。本書は、加齢とともに起こる多くの病気に、どのように対策を立てるかを解説したメディカルテキスト。

 人体に共生する微生物=マイクロビオームは、出産時に母親から、また別の経路で家族からも移行し、生後3年ほどでその種類が定まり、終生続く。糖尿病や認知症などを例に、このマイクロビオームと病気の関係、遺伝と病気の関係など、最新の知見を紹介。潜在的な病的症状は実は胎生期から、そして少年・青年期を通して徐々に進行する。ゆえに人生全体を通じて健康について考える「ライフコース・アプローチ」の必要性を説く。(岩波書店 760円+税)


日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    M4~5級が異例頻発…南海トラフ地震「1~2年後」と専門家

  2. 2

    水道法改正の裏で…民間業者「水を止める」と住民“脅迫”

  3. 3

    今度は雑誌がバカ売れ…女性の圧倒的支持を得た白石麻衣

  4. 4

    「第2の貴ノ岩」の懸念も…貴乃花が置いていった7人の地雷

  5. 5

    志村けんの「酒・カネ・オンナ」68歳の優雅な独身貴族生活

  6. 6

    偶然なのか…「不適切入試」の医学部はなぜかブラック病院

  7. 7

    4K&8Kテレビの選び方は…両方導入したプロが基礎を解説

  8. 8

    家庭内でも孤立…貴乃花が妻と弟子にした“正座説教”1時間

  9. 9

    専門家が指摘…あおり運転は善良なドライバーもやっている

  10. 10

    上沼恵美子で騒ぐ連中の勉強不足…便乗TVもどうかしている

もっと見る