「健康長寿のための医学」井村裕夫著

公開日: 更新日:

 天井知らずの介護費や医療費を削減するためには、「健康寿命」をどこまで延ばせるかがカギとなってくる。本書は、加齢とともに起こる多くの病気に、どのように対策を立てるかを解説したメディカルテキスト。

 人体に共生する微生物=マイクロビオームは、出産時に母親から、また別の経路で家族からも移行し、生後3年ほどでその種類が定まり、終生続く。糖尿病や認知症などを例に、このマイクロビオームと病気の関係、遺伝と病気の関係など、最新の知見を紹介。潜在的な病的症状は実は胎生期から、そして少年・青年期を通して徐々に進行する。ゆえに人生全体を通じて健康について考える「ライフコース・アプローチ」の必要性を説く。(岩波書店 760円+税)


日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    まるで被害者ヅラ 昭恵夫人が応援演説で公選法違反のススメ

  2. 2

    ジャニー氏死去で数々の噂 KinKi“解散秒読み”報道は本当か

  3. 3

    れいわ新選組・山本太郎氏「世の中変わるなら捨て石上等」

  4. 4

    宮川大輔が頓挫…24時間TVマラソンランナー選出のドタバタ

  5. 5

    復帰のめど立たず 休演を予測させた最後の「海老蔵歌舞伎」

  6. 6

    メッキはがれ始めたコウキ ママ静香プロデュースが空回り

  7. 7

    戦略的投票で改憲勢力3分の2を阻止 国の命運握る17選挙区

  8. 8

    安倍自民が恐れ、大メディアが無視する山本太郎の破壊力

  9. 9

    元SMAP合流より生き残りを…中居正広ジャニーズ残留の算段

  10. 10

    10月スタート「幼児教育・保育の無償化」は喜んでいいの?

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る