上から目線でいると見えない真実がある

公開日:  更新日:

「無罪」大岡昌平著

 大岡昇平といえば戦争文学が有名だが、推理作家協会賞を受賞するなど、実は多くの推理小説・裁判小説も書いている。

 特にその裁判シーンのリアリティーは、小説が大学の法学のテキストに用いられるほど評価が高い。その大岡の裁判小説の原点が「無罪」だ。英米の謎の残る殺人事件の裁判記録を小説化した13編から成るが、陪審員制のこれらの裁判は、裁判員制度の導入された今日、これが日本の裁判員裁判だったらと考えさせずにはおかない。収録の「妻の証言」はその一作だ。

 イギリスの小さな村で、村一番の美人ローズ・ハンセントが、咽喉と胸に傷を負って寝衣のまま死んでいるのが発見された。警察の疑いは、1年前彼女と噂のあったウイリアム・ガードナーに向けられ、彼は薄弱な証拠に基づいて起訴される。先入見に動かされやすい小さな村では世論は彼を犯人と決めつけ、裁判はいくつかの状況証拠と、証人たちの悪意ある証言によって不利に進行するが、弁護側の証人としてガードナーの妻が証言台に立つと、事件は全然別の様相を呈しはじめる。

 村人の陰口の矢面にあえて立ち、「全世界に反しても夫の無実を信じて疑わなかった」彼女は、一つ一つ、徹底的に反証する。その結果、12人の陪審員のうち11人は有罪に投票したものの、ただ一人だけがガードナーの無罪を主張し、「被告を有罪と確信できるようなことを、何も聞かなかった」と譲らない。そして、ガードナーの妻の英雄的信頼の物語がイギリス中に広まり、大きな町で開かれた第2回の公判では一転、ガードナーは青天白日の身となる。作品は、素人の陪審員だったからこそ妻の証言に真実性を認めた。安定した社会的地位に守られた裁判官には無理だったろう、ということを指摘して結ばれている。

 イジメや内部告発の問題でも同じだが、たとえたった一人でも、自らの地位や立場を危うくするのを恐れない証言には、そこに「真実」を感じ取ることができる――。

 それがいかに難しいことかも、庶民なら知っているだろう。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍政権に財界ソッポ 目玉の「原発輸出」日立凍結で全滅

  2. 2

    賀来賢人「今日から俺は」が日テレドラマのトップ走るワケ

  3. 3

    「今日俺」人気を陰で支えた“カメレオン俳優”太賀の底力

  4. 4

    嫌われクロちゃんが一転…キャバ嬢に大人気の意外な理由

  5. 5

    嶋大輔が復活!「今日俺」でのリバイバルに本人びっくり

  6. 6

    北島三郎復帰に“禁じ手” 平成最後のNHK紅白は無法地帯に

  7. 7

    和田アキ子の大晦日が“空白” NHK紅白サプライズ出演あるか

  8. 8

    長谷川博己と破局報道 鈴木京香「もう育てきった」の真意

  9. 9

    中日から強奪は“吉”か 虎入り確実ガルシアに3つの懸念材料

  10. 10

    キンプリ早くも「嫌いなジャニーズ」に…なぜアンチ多い?

もっと見る