• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「忍者の歴史」山田雄司著

 忍者というと伊賀、甲賀が有名だが、江戸時代、毎夜、山奥に入って修行を積み、忍びの術を習得した人は各地にいた。忍びの術は一子相伝だったが、実子がないときは養子に伝えたり、それ以外にも求める人があれば伝授されていたらしい。口伝の忍びの術を書き記した「伝書」もいくつかあるが、その一つ「万川集海」は、さまざまな伝書を集積し、忍器、火器などについて記した忍者のバイブルのような存在で、これらを盗賊に用いてはならないと書いている。

 忍びの者は歴史の中でも活躍していて、伊賀の澤村保祐が黒船が浦賀に来たときに乗船して内部を調べたなど、知られざる忍者の歴史をまとめた一冊。(KADOKAWA 1600円+税)


日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍政権また後手後手 西日本豪雨の補正予算が置き去りに

  2. 2

    日大アメフト部新監督 立命大OB内定に選手らは拒否反応

  3. 3

    浮いた話もなし…波留の“私生活”がベールに包まれるナゾ

  4. 4

    太った? 元AKB小嶋陽菜のムッチリ体型にファン容赦なし

  5. 5

    政財界とも結びつき深く…故・浅利慶太さんの「功と罪」

  6. 6

    傲慢でぶれない自民党と公明党 国民のことは考えていない

  7. 7

    英紙も警告 2020年の東京五輪は“殺人オリンピック”になる

  8. 8

    ドラマ引っ張りだこ 「高嶺の花」でも話題の峯田和伸って

  9. 9

    フジ主演ドラマ好発進も…山崎賢人に足りないアドリブの妙

  10. 10

    73歳会長と親密交際 華原朋美“天性の愛人”のジジ殺し秘術

もっと見る