「北の男 第一部激流篇」塩澤幸登著

公開日: 更新日:

 炭鉱の町、夕張に生まれた小柳昌之は海外に羽ばたける仕事に憧れて、上京。3年の浪人生活を経て慶応大学に入学し、アイスクリームの製造販売をしているフタバ食品でアルバイトを始めた。

 売れ行きの落ちる冬場の商品として取り組んだ蒸しまんじゅうの販売で実績を挙げたのを認められ、卒業後に入社。2年目に、新設された弁当事業部の東京営業所の所長に任命され、弁当の売り込み先を探さなくてはならなくなった。これは本当にやりたかった仕事じゃないと考え始めたとき、週刊誌でジャーナリストの大森実が企画した洋上大学の記事を読む。

 後に池袋でパブレストランを開いて成功する男の一代記。(河出書房新社 2300円+税)


日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “安倍1強”に早くも暗雲 参院選の「前哨戦」で自民敗北危機

  2. 2

    エリカ様は張り込み班に「なに撮ってんだよばかやろう!」

  3. 3

    事実上のクビ…イチロー現役引退の裏にマリナーズとの暗闘

  4. 4

    伝説の麻薬Gメンが指摘 ピエール瀧コカイン常習の“証拠”

  5. 5

    不倫訴訟報道の後藤真希…ブログの私生活も虚像だったのか

  6. 6

    安倍首相が“偽装”の施政方針演説 英訳でも錯覚工作の傲慢

  7. 7

    現実から目を背けるために過去を「いじくり廻してゐる」

  8. 8

    世界1位奪取にルノー日産が画策?自動車業界大再編の予兆

  9. 9

    公私混同で失脚の舛添前都知事 野党で国政復帰の仰天情報

  10. 10

    京都に“愛の新居”報道…それでも鈴木京香が結婚しない理由

もっと見る