「非常時のことば」高橋源一郎著

公開日:  更新日:

 人気作家が「ことば」について考えたエッセー。

 東日本大震災と原発事故は、戦争以来の災害だった。震災直後、その66年の間で、同じテーマについてもっともたくさんのことばが生み出されたが、それでも多くの人は「ことばを失った」と感じていた。実は「すぐにことばが出る」というのは異様な状態ではないのだろうかと指摘。あの日から特別な時間の中にいると感じているのに、なにがどのように変わったのか、それが分からない。そんな分からないことを目にしたときは、すぐに答えを出そうとせずに「わからない」と言って、ゆっくり考えればいいと説く。

 文学や政治家の演説などを取り上げ、震災後にことばがどのように変わったのか考える。(朝日新聞出版 620円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    女が嫌いな女3位 伊藤綾子が暗示する“におわせメッセージ”

  2. 2

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  3. 3

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    「言論の自由がない」D.スペクターさん東京五輪狂騒に苦言

  8. 8

    沖縄県知事選で“黒歴史”隠し 佐喜真候補にもう一つの疑惑

  9. 9

    樹木希林さんも別居婚 民法上の気になること弁護士に聞く

  10. 10

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

もっと見る