「戦争まで」加藤陽子著

公開日: 更新日:

 ベストセラーとなった「それでも、日本人は『戦争』を選んだ」の著者が、中高生に向けた授業の中で日本が戦争へと至った分岐点を読み解いていく日本近現代史の解説本。残されている数多くの史料や演説や統計資料などの見方を具体的に示しつつ、生徒たちの素朴な疑問に答えながら、日本がなぜ戦争への道を進んだのかという要因を明らかにしていく。

 本書では、特に満州事変におけるリットン報告書、日独伊三国軍事同盟での外交と国内の合意形成の過程、日米交渉における日米それぞれの思惑という3つを詳細に読んでいくのだが、そこに共通しているのは、いわゆる人気のある「通説」の検証だ。

 まず史料を丹念に読み、当時の日本の状況や海外諸国の事情を確認していくことで通説の裏に隠された事柄が見えてくる。昨年8月15日の全国戦没者追悼式における今上天皇の式辞、戦後70年を総括した安倍総理による内閣総理大臣談話など、記憶に新しい出来事も俎上にあげながら、過去と地続きの今の日本を考えることができる。

 近現代史をユーモアたっぷりの講義形式でわかりやすく学べる点もうれしい。(朝日出版社 1700円+税)


【連載】ベストセラー早読み

最新のBOOKS記事

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    阪神岡田監督の焦りを盟友・掛布雅之氏がズバリ指摘…状態上がらぬ佐藤輝、大山、ゲラを呼び戻し

  2. 2

    氷川きよし待望の復帰コンサートが販売不振? 独立後にメディア出演がパタリとなくなったワケ

  3. 3

    石丸伸二ブーム終焉の兆し…「そこまで言って委員会」で泉房穂氏の舌鋒にフリーズし“中身ナシ”露呈

  4. 4

    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

  5. 5

    吉村大阪府知事と「羽鳥慎一モーニングショー」で因縁の対決 玉川徹氏は終始冷静で大人だった

  1. 6

    マイナ保険証ゴリ押しへ新たな「ニンジン作戦」…10月からこっそり診療報酬4割アップの姑息

  2. 7

    築地場外市場“再開発”は新たな「負のレガシー」か…現地に漂うシラけムード

  3. 8

    阪神岡田監督の気になる進退 来季続投がスジだが…単純にそうはいかない複雑事情

  4. 9

    日本に留まる男子プロが世界から見捨てられる日…国内ツアーは米下部ツアーより格下扱い

  5. 10

    一人横綱・照ノ富士が満身創痍でも引退できない複雑事情…両膝と腰に爆弾抱え、糖尿病まで