• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger
石原壮一郎
著者のコラム一覧
石原壮一郎

1963年、三重県生まれ。著書「大人養成講座」「大人力検定」などで、日本の大人シーンを牽引している。最新刊「大人の言葉の選び方」も好評!

60種類以上の「バカ」メッタ斬りにドキリ

「バカざんまい」中川淳一郎著(新潮社 760円+税)

 初回は「バカ」の話から。世の中には「バカ」があふれています。身近なバカからメディアを騒がせているバカまで、その種類はさまざま。私たちは日々、バカにイライラさせられたり実害を被ったりしています。

 著者の中川淳一郎は、小学館が運営するwebサイト「NEWSポストセブン」などを長く手がけているネットニュース編集者。2009年に出版した「ウェブはバカと暇人のもの」で、ウェブとバカの密接な関係を明らかにしました。以来、大好きなビールをあおりつつ、バカのバカっぷりを容赦なく浮き彫りにする「バカ評論家」としても大活躍しています。

 この本でも、バカを斬りまくる中川の包丁さばきは、遠慮も容赦もありません。〈「世間をお騒がせして」と謝るバカ〉〈グルメサイトを信じるバカ〉〈店員にいばるバカ〉〈「日本すげ!!」が大好きなバカ〉などなど、取り上げられているバカは60種類以上。何がどうバカなのかを明らかにしつつ、ちぎっては投げちぎっては投げしてくれていて、極めて爽快です。

 この本が怖いのは、バカを笑うだけでなく、自分も当てはまりそうなバカも登場してくるところ。〈「ケースバイケース」というバカ〉では、何かを尋ねられたときに「人による」や「ケースバイケース」と答える無意味さや、使うヤツのバカさについて語っています。深く納得させられる内容なのですが、もしかして自分も使っているかも……。ほかにも〈スマホに時間を盗まれるバカ〉など、該当する項目がいくつもあります。

 そう、バカは人ごとではありません。誰もがバカであり、自分と違う考えや常識を持った相手を「バカ」呼ばわりして、安心している節もあります。バカの斬られっぷりに留飲を下げつつ、我が身を振り返って、自分の中にひそんでいるバカに気づくことができる。そんなお得な一冊です。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    浮いた話もなし…波留の“私生活”がベールに包まれるナゾ

  2. 2

    90年代はやりたい放題だった…とんねるずへのノスタルジー

  3. 3

    野田聖子氏周辺に疑惑 仮想通貨「GACKTコイン」接点は?

  4. 4

    なぜ? 「大阪万博」スポンサーに米国カジノ企業が次々と

  5. 5

    乃木坂46白石麻衣 不可解なドタキャン騒動に大ブーイング

  6. 6

    安倍首相を守り栄転 太田理財局長は“論功行賞”で主計局長

  7. 7

    48歳・仙道敦子「この世界の片隅に」で女優復帰の舞台裏

  8. 8

    ユニクロの狙いは? フェデラーと“10年300億円契約”の意味

  9. 9

    安倍首相を悩ませる 金正恩の「拉致問題」への対応一変

  10. 10

    広島追撃にキーマン不在…巨人・坂本は長期離脱の可能性も

もっと見る