• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

なんと、50代の2人に1人は1年以上セックスにご無沙汰

「1位はギリシャで年間164回、最下位は日本で年間48回」。これが何のデータかお分かりだろうか。答えは、イギリスのコンドームメーカー、デュレックス社が世界26カ国を対象に調査して明らかになった、セックスの平均回数だ。

 荒木乳根子、石田雅巳ほか著「セックスレス時代の中高年『性』白書」(harunosora 2000円+税)では、現代の中高年のリアルなセックス事情について各種データと共に紹介。医師や臨床心理士などで構成された「セクシュアリティ研究会」のメンバーらが、日本におけるセックスレス問題やその解消方法なども分析していく。

 冒頭のデータを見て、「年48回なんて多い方だろう……」と思った中高年も多いはず。確かに日本では、50代から一気にセックスレスが進む傾向にある。40代でも、1年間セックスをしていない人が約3割いるが、これが50代になると5割を超えてくる。さらに、著者らが中高年を対象に行ってきた調査では、夫婦間におけるセックスレスの傾向は近年でより顕著になっていることが分かる。

 配偶者とのセックスを望む人の中で、月1回以上セックスしていると答えた人は、2000年では男性78%、女性79%だった。ところが2012年では男性44%、女性68%と減少している。注目すべきは男性のデータで、2012年では妻とセックスしたいと望む男性の半数以上が満たされていないことになる。一方で、自慰行為は近年で活発化する傾向にある。2012年では70代でも月イチでマスターベーションする人が、男性で10%、女性でも6%にのぼる。セックスレスは、単に性欲の低下で起きているわけではなさそうだ。

 人生80年の日本では、50歳でセックスからリタイアしたら、あと30年もその喜びを忘れて生きなければならない。本書では、閉経後の女性の性交痛や、男性のEDに関わる調査データも紹介している。膣潤滑剤やED改善薬の使用傾向も分かり、悩んでいるのは自分だけではないと勇気づけられる。

 良好な夫婦関係を維持するためにも、セックスといま一度向き合ってみては。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    錯乱答弁を連発 テレビ討論でバレた安倍首相の薄っぺらさ

  2. 2

    “被害者”が激白 塚原夫妻の無責任指導とでっち上げの実態

  3. 3

    東京、神奈川、四国…“地方票”石破氏の猛追に安倍陣営焦り

  4. 4

    体操協会なぜ切れず? 塚原夫妻“職務一時停止”本当の目的

  5. 5

    交通遺児に残された亡父の車を競売に…劇的展開に感動の嵐

  6. 6

    海外では国民が猛反発…「年金改悪」日本だけがやすやすと

  7. 7

    二軍で“塩漬け”の巨人ゲレーロ 古巣中日勢に漏らした本音

  8. 8

    OBも疑心暗鬼 巨人・由伸監督“続投示唆”から急失速のナゾ

  9. 9

    最下位転落はすぐそこ…DeNAラミ監督の続投に2つの条件

  10. 10

    ラミ監督は窮地…DeNA“横浜回帰”で浮上する次期監督の名前

もっと見る