「きずなと思いやりが日本をダメにする」長谷川眞理子、山岸俊男著

公開日:

 日本人は相互協調的だといわれるが、波風を立てないように行動するネガティブな「びくびく」タイプが多い。「びくびく」せずに友達をつくれるようになるには、プレディクタブル、つまり予測可能な人間になることだと山岸は説く。自分の価値観を旗幟鮮明にし、首尾一貫した行動を取ることで信頼される人間になる。その見本が大英帝国のパブリックスクールで育てられたジェントルマンだ。ジェントルマン教育の一環として行われるラグビーは、他の団体競技と違って試合中に監督が指示を出さず、選手の自主的な判断にすべてゆだねるという。

 行動生態学者と社会心理学者が日本の問題に鋭く切り込む対談集。(集英社 1600円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    ロシア専門家が警鐘「北方領土問題進展は日本側の幻想」

  2. 2

    巨人が岩隈獲得も…“救世主”とアテにできない致命的欠陥

  3. 3

    火野正平との醜聞が話題に 元祖バラドル小鹿みきさんは今

  4. 4

    日ハムと巨人では“雲泥の差” 注目2球団補強の中身と狙い

  5. 5

    FA丸を筆頭に総額50億円大補強…巨人最大の問題はリリーフ

  6. 6

    魔性の女が復活…「あな渡」は“荻野目慶子劇場”と化した

  7. 7

    ソフトバンクを襲った“3重苦” 上場延期説が市場を駆け巡る

  8. 8

    広島はマネーゲームせず…丸にも最後は“渋チン”貫いた理由

  9. 9

    お笑い界追放か とろサーモン久保田の“有名だった酒グセ”

  10. 10

    清原の二の舞か…“Vの使者”丸を待つ巨人移籍1年目の大重圧

もっと見る