• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「きずなと思いやりが日本をダメにする」長谷川眞理子、山岸俊男著

 日本人は相互協調的だといわれるが、波風を立てないように行動するネガティブな「びくびく」タイプが多い。「びくびく」せずに友達をつくれるようになるには、プレディクタブル、つまり予測可能な人間になることだと山岸は説く。自分の価値観を旗幟鮮明にし、首尾一貫した行動を取ることで信頼される人間になる。その見本が大英帝国のパブリックスクールで育てられたジェントルマンだ。ジェントルマン教育の一環として行われるラグビーは、他の団体競技と違って試合中に監督が指示を出さず、選手の自主的な判断にすべてゆだねるという。

 行動生態学者と社会心理学者が日本の問題に鋭く切り込む対談集。(集英社 1600円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    有働アナ取られ…大手がマツコに意趣返し“共演NG包囲網”も

  2. 2

    作家・中村文則氏が警鐘 「全体主義に入ったら戻れない」

  3. 3

    手越がトドメに? 日テレの情報番組からジャニタレ一掃も

  4. 4

    夜な夜な六本木の会員制バーで繰り広げられる乱痴気騒ぎ

  5. 5

    支持率下落が続く安倍政権 今度は対北外交でも国民にウソ

  6. 6

    梨田監督ついに決断…楽天・松井は二軍落ちが大正解の理由

  7. 7

    前川清さん語る運の尽き 演歌界の“酒豪四天王”に誘われて

  8. 8

    消防士の腕で眠る赤ちゃん…写真が急拡散したそのワケとは

  9. 9

    最大の後ろ盾も失い…楽天・梨田監督“電撃辞任”の全内幕

  10. 10

    織田裕二のひと言で消えた「東京ラブストーリー」続編計画

もっと見る