「知れば知るほど」藤原正彦著

公開日:

「公務員である郵政職員26万人が民間人になれば財政削減になる」と言い、小泉自民党が大勝利を収めた郵政民営化選挙。だが、郵政公社は独立採算で、人件費に税金は一円も使われていない。

 当時、造反派が恐れたのは民営化により郵貯と保険の2社が外資に買収されることだったが、11年の上場の際、日本郵政の幹事証券の大半が外国証券、また運用部門のトップはゴールドマン・サックス証券の前副社長が就いていた。

 外資が株式の20%を持った時、「米国債を買え」と要求すれば、従わざるを得ない。日本はすでにアメリカの財布になりつつある、と著者。

 英国EU離脱からトランプ勝利まで、マスコミには見えない「真実」に鋭く迫った「週刊新潮」連載コラム集の最新版。(新潮社 1300円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  3. 3

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  8. 8

    ラグビーW杯決勝が22万円に! 横行するネットダフ屋の実態

  9. 9

    「黄昏流星群」も フジドラマ放送前に打ち上げ続々のワケ

  10. 10

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

もっと見る