• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「伝わる文章」坂本俊夫著

 文章の基本機能である「伝わる」文章の書き方を指南するテキスト。

 文章を書くうえで欠かせないのは「何のため(目的)」に「何(内容)」を「どのように書くのか(主張や感想)」である。

 書く内容が人に読んでもらえるものかを吟味したうえで、書き出しには珍しい話、興味深い事実などが効果的だという。そして内容には、あれもこれもと素材を盛り込み過ぎないこと。読み手が関心を示す「おもしろい」か「役に立つか」「共感を覚えるか」「感動できるか」に応えるよう、具体的に書くことがポイントだ。

 その他、難しい言葉や表現を使わない、前置きはすっきりまとめる、カタカナ語を乱用しないなど、豊富な文例とともに“伝わる上手な文章”のコツを伝授する。(まむかいブックスギャラリー 1600円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    太った? 元AKB小嶋陽菜のムッチリ体型にファン容赦なし

  2. 2

    豪雨初動遅れも反省なし…安倍政権が強弁するウソと言い訳

  3. 3

    ZOZO社長とW杯決勝観戦 剛力彩芽“はじけっぷり”に心配の声

  4. 4

    英紙も警告 2020年の東京五輪は“殺人オリンピック”になる

  5. 5

    検察は動くか アベトモ古屋議員に裏金疑惑が浮上 

  6. 6

    助っ人はベンチに 阪神・金本監督はロサリオが嫌いなのか

  7. 7

    “苦戦の戦犯”は金本監督 阪神の凡ミス多発は意識の低さ

  8. 8

    河野外相ツイートが炎上 切望した外遊の中身は“観光”同然

  9. 9

    ロッテは身売り否定も…ZOZO前澤氏が招く“球界再編”第2幕

  10. 10

    否定会見で墓穴 古屋圭司議員の“裏金”疑惑ますます深まる

もっと見る