• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「伝わる文章」坂本俊夫著

投稿日:

 文章の基本機能である「伝わる」文章の書き方を指南するテキスト。

 文章を書くうえで欠かせないのは「何のため(目的)」に「何(内容)」を「どのように書くのか(主張や感想)」である。

 書く内容が人に読んでもらえるものかを吟味したうえで、書き出しには珍しい話、興味深い事実などが効果的だという。そして内容には、あれもこれもと素材を盛り込み過ぎないこと。読み手が関心を示す「おもしろい」か「役に立つか」「共感を覚えるか」「感動できるか」に応えるよう、具体的に書くことがポイントだ。

 その他、難しい言葉や表現を使わない、前置きはすっきりまとめる、カタカナ語を乱用しないなど、豊富な文例とともに“伝わる上手な文章”のコツを伝授する。(まむかいブックスギャラリー 1600円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  2. 2

    虎最下位で金本続投白紙…後任に掛布・岡田という“断末魔”

  3. 3

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  4. 4

    「言論の自由がない」D.スペクターさん東京五輪狂騒に苦言

  5. 5

    ラミ監督は窮地…DeNA“横浜回帰”で浮上する次期監督の名前

  6. 6

    投票の“証拠写メ”強制…沖縄知事選で自公が異常な締めつけ

  7. 7

    浮沈はサーシャに…大坂なおみ“女王君臨”への落とし穴

  8. 8

    巨人が4年連続V逸…広島をマネしたくてもできない断末魔

  9. 9

    花田家は崩壊寸前…貴乃花親方は協会批判し妻は見舞い拒否

  10. 10

    杉田水脈議員“擁護論”の怪 「論として成立」していない

もっと見る