「毒出しうがい」照山裕子著

公開日: 更新日:

 人間の口の中には約300種、数にして1000億~6000億もの細菌がすみついている。このうち8割は悪さをしないが、食べかすが残っていると、その糖分を餌にして虫歯菌や歯周病菌などが増殖。8時間ほどでプラークと呼ばれる塊を作り、どんどん増殖して口内環境を悪化させる。

 プラークは歯磨きで取り除くことができるが、すべての歯と歯の隙間まで完璧に磨くのは困難だ。最近では、口内環境の悪化が動脈硬化認知症のリスクを高めることも分かっており、歯のケアの重要性が叫ばれている。

 そこで歯科医の著者が推奨しているのが、食後の「毒出しうがい」だ。まず、口に含む水は30ミリリットル程度。多くても少なくても効果が薄れるので注意したい。

 そして、口に含んだ水を上の歯に向けて、クチュクチュとできるだけ大きな音を立てながら、10回強くぶつけるようにしてうがいする。水を吐き出したらまた新しく水を含み、同じように下の歯、右の歯、左の歯と順番に行えば終了だ。

 ばい菌やその餌を口の中から洗い流せば、プラークの原因をもとから断つことができる。食後の新しい習慣にしてみては。(アスコム 1200円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “年の差婚”で武田真治は祝福され城島茂は…イマイチな理由

  2. 2

    渡部建一家に海外逃亡計画 佐々木希が離婚を迷う2つの説

  3. 3

    大野智だけが難色か…嵐「24時間テレビ」不参加の肩すかし

  4. 4

    西村まさ彦が“乳がん離婚宣告”報道に「ハメられた」と困惑

  5. 5

    上沼恵美子は「そうそう」と笑顔の次の瞬間「黙っとれ!」

  6. PR
    在宅ワークにSOYJOYを激推ししたい理由

    在宅ワークにSOYJOYを激推ししたい理由

  7. 6

    小池知事が安倍政権にケンカ売る「Go To」狙い撃ちの計算

  8. 7

    “シースルー看護師”が懲戒処分撤回後にモデルに抜擢され…

  9. 8

    懲りない黒木瞳 まさかの映画監督2作目で名誉挽回なるか

  10. 9

    元ヤン木下優樹菜の更生を“全方位”で支える藤本の献身ぶり

  11. 10

    火野正平の“人徳” 不倫取材なのに周りから笑みがこぼれる

もっと見る