• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「毒出しうがい」照山裕子著

 人間の口の中には約300種、数にして1000億~6000億もの細菌がすみついている。このうち8割は悪さをしないが、食べかすが残っていると、その糖分を餌にして虫歯菌や歯周病菌などが増殖。8時間ほどでプラークと呼ばれる塊を作り、どんどん増殖して口内環境を悪化させる。

 プラークは歯磨きで取り除くことができるが、すべての歯と歯の隙間まで完璧に磨くのは困難だ。最近では、口内環境の悪化が動脈硬化や認知症のリスクを高めることも分かっており、歯のケアの重要性が叫ばれている。

 そこで歯科医の著者が推奨しているのが、食後の「毒出しうがい」だ。まず、口に含む水は30ミリリットル程度。多くても少なくても効果が薄れるので注意したい。

 そして、口に含んだ水を上の歯に向けて、クチュクチュとできるだけ大きな音を立てながら、10回強くぶつけるようにしてうがいする。水を吐き出したらまた新しく水を含み、同じように下の歯、右の歯、左の歯と順番に行えば終了だ。

 ばい菌やその餌を口の中から洗い流せば、プラークの原因をもとから断つことができる。食後の新しい習慣にしてみては。(アスコム 1200円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  2. 2

    小川アナの左腕が物語る…嵐・櫻井翔“新恋人報道”の違和感

  3. 3

    元SMAP3人は自由を謳歌 シャッフルして新たな仕事が急増中

  4. 4

    徳永有美アナが古巣に復帰 「報ステ」現場は大ブーイング

  5. 5

    大激怒から落胆へ…爆問・太田“裏口入学”報道の複雑胸中

  6. 6

    県警・消防は380人動員 なぜ理稀ちゃんを発見できなかった

  7. 7

    日本人拘束は進展ナシ…「安倍3選」を阻む北朝鮮の仕掛け

  8. 8

    もし破局したら…“恋愛露出狂”剛力&前澤社長の未来予想図

  9. 9

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  10. 10

    太田光“裏口”報道は法廷へ 光代社長「橋下先生に委任状」

もっと見る