「毒出しうがい」照山裕子著

公開日: 更新日:

 人間の口の中には約300種、数にして1000億~6000億もの細菌がすみついている。このうち8割は悪さをしないが、食べかすが残っていると、その糖分を餌にして虫歯菌や歯周病菌などが増殖。8時間ほどでプラークと呼ばれる塊を作り、どんどん増殖して口内環境を悪化させる。

 プラークは歯磨きで取り除くことができるが、すべての歯と歯の隙間まで完璧に磨くのは困難だ。最近では、口内環境の悪化が動脈硬化や認知症のリスクを高めることも分かっており、歯のケアの重要性が叫ばれている。

 そこで歯科医の著者が推奨しているのが、食後の「毒出しうがい」だ。まず、口に含む水は30ミリリットル程度。多くても少なくても効果が薄れるので注意したい。

 そして、口に含んだ水を上の歯に向けて、クチュクチュとできるだけ大きな音を立てながら、10回強くぶつけるようにしてうがいする。水を吐き出したらまた新しく水を含み、同じように下の歯、右の歯、左の歯と順番に行えば終了だ。

 ばい菌やその餌を口の中から洗い流せば、プラークの原因をもとから断つことができる。食後の新しい習慣にしてみては。(アスコム 1200円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    厚生年金70歳以上義務化で日本は“ブラック国家”まっしぐら

  2. 2

    山口真帆は“手打ち”で出演 NGT48千秋楽公演は大荒れ必至?

  3. 3

    衆院補選10年ぶり敗戦濃厚で 甘利選対委員長に「責任論」

  4. 4

    帰化決意の白鵬が狙う理事長の座 相撲界を待つ暗黒時代

  5. 5

    パ球団トレード打診も…阪神は藤浪を“飼い殺し”にするのか

  6. 6

    失言や失態だけじゃない 桜田五輪大臣辞任「本当の理由」

  7. 7

    白鵬は厳罰不可避か 春場所の“三本締め”に八角理事長激怒

  8. 8

    杉並区議選応援で大混乱 杉田水脈議員に差別発言の“呪い”

  9. 9

    投手陣崩壊…広島“沈没”は2年前のドラフトから始まった

  10. 10

    中日・根尾は大学を経てからのプロ入りでもよかったのでは

もっと見る