「タンパク質とからだ 基礎から病気の予防・治療まで」平野久著

公開日: 更新日:

 タンパク質は体重の約20%を占める体の主要成分で、そのほとんどが生体機能の制御に重要な役割を果たしている。そのため、タンパク質の機能異常は生体機能の異常をもたらし、病気を引き起こす。つまり、タンパク質の異常を検知できれば、病気を診断することも、その異常を修復できれば病気を治療することも可能になる。

 そこで、診断の指標となるタンパク質を探す研究や、一人一人のタンパク質の分布マップを作成し、健康なときと病気のときを比較することで、病気の診断と治療、さらには予防を行えるとして研究が続いている。

 この本は体の中でタンパク質がどのように作られ、どのような働きがあるかを紹介し、なぜ、タンパク質が病気の診断・治療につながるかを教えてくれる。 (中公新書 800円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    台風19号で断水 町の自衛隊給水支援に神奈川県が“待った”

  2. 2

    緊急放流の6ダムで事前放流せず 国交省・自治体に重大責任

  3. 3

    関電疑獄は経産省が隠蔽 18年末に問題把握も目つぶったか

  4. 4

    大一番でスタメンの福岡堅樹にスコットランドは面食らった

  5. 5

    ジョセフHCは続投前向きも 日本8強入りで“三つ巴”争奪戦に

  6. 6

    3歳男児が2歳妹の髪を切ったら…斬新なヘアスタイルに!

  7. 7

    逆流下水は糞尿混じり…武蔵小杉タワマン台風19号被害ルポ

  8. 8

    「いだてん」視聴率ワースト更新で大河ドラマ存続の危機

  9. 9

    打者の胸元あたりのスピードとホップ感でミットをはねた

  10. 10

    三谷幸喜も信頼 小池栄子“アンチなし”全世代人気のワケ

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る