「タンパク質とからだ 基礎から病気の予防・治療まで」平野久著

公開日: 更新日:

 タンパク質は体重の約20%を占める体の主要成分で、そのほとんどが生体機能の制御に重要な役割を果たしている。そのため、タンパク質の機能異常は生体機能の異常をもたらし、病気を引き起こす。つまり、タンパク質の異常を検知できれば、病気を診断することも、その異常を修復できれば病気を治療することも可能になる。

 そこで、診断の指標となるタンパク質を探す研究や、一人一人のタンパク質の分布マップを作成し、健康なときと病気のときを比較することで、病気の診断と治療、さらには予防を行えるとして研究が続いている。

 この本は体の中でタンパク質がどのように作られ、どのような働きがあるかを紹介し、なぜ、タンパク質が病気の診断・治療につながるかを教えてくれる。 (中公新書 800円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    伊藤健太郎“有頂天”からの転落 よぎる3年前のひき逃げ事件

  2. 2

    伊藤健太郎のひき逃げ逮捕で注目された「野村周平」のナゼ

  3. 3

    「栄冠は君に輝く」作詞の加賀大介と松井秀喜の意外な縁

  4. 4

    私がラミレス監督を「これぞ、監督!」と評価し続けたワケ

  5. 5

    竹内涼真“恋愛醜聞”で好感度ガタ落ち…ネットに罵詈雑言が

  6. 6

    預金封鎖、資産税、暗号資産、ハイパーインフレを警戒せよ

  7. 7

    8カ月で復帰したビートたけしと徳井義実の“決定的な違い”

  8. 8

    ソフトVの裏に非情の工藤采配 内川退団決意と次期監督問題

  9. 9

    土屋太鳳がまた…桜田通との抱擁撮でさらに女性を敵に回す

  10. 10

    小川彩佳「NEWS23」産休から復帰も…早くもリストラ降板説

もっと見る

人気キーワード