「お化けの愛し方 なぜ人は怪談が好きなのか」荒俣宏著

公開日: 更新日:

 怪談・伝奇文学のルーツを探りながら、お化けとの付き合い方、お化けに恋する方法を説いた荒俣お化け学の集大成。

 江戸時代に始まる怪談文学流行のきっかけとなったといわれる中国の小説集「剪燈新話」、江戸川乱歩が愛読した全24巻に及ぶ中国の古書「情史類略」の中の恋愛怪談を取り上げ紹介。どの話も甘美なエロチシズムが漂い、性を生の基本要素として肯定しているところから「なまめかしさ」が放たれていると解説する。

 その他、「牡丹灯籠」や「雨月物語」、タイの怪談「プラカノーンのメー・ナーク」や西洋恋愛怪談「レノーレ」などを読み解きながら、生と死を超えたお化けとの恋愛が人の暮らしのなかでも質の高い、自由なスタイルだと説く。(ポプラ社 900円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    抗議デモの最中に…シレッとケーキ泥棒の女の動画が人気に

  2. 2

    吉村府知事が“袋叩き”に…大村知事リコール賛同の見当違い

  3. 3

    シースルー防護服の下は水着…男性患者には「大きな支援」

  4. 4

    コロナ禍で…世界トップレベルの下着モデルが農村でバイト

  5. 5

    給付金利権の闇 違法団体だったサ推協と経産省疑惑の人物

  6. 6

    小池氏圧勝に赤信号 都知事選にイケメン対抗馬で無風一変

  7. 7

    京アニ放火犯を救った1000万円の治療費 誰が負担するのか

  8. 8

    小池都知事の次なる敵は…新宿・歌舞伎町“殲滅”の危うさ

  9. 9

    河野氏の野暮すぎる変節 ブルーインパルス発案明言で露呈

  10. 10

    殴られ踏みつけられ…ビートたけしを激撮したカメラマン魂

もっと見る