「お化けの愛し方 なぜ人は怪談が好きなのか」荒俣宏著

公開日:  更新日:

 怪談・伝奇文学のルーツを探りながら、お化けとの付き合い方、お化けに恋する方法を説いた荒俣お化け学の集大成。

 江戸時代に始まる怪談文学流行のきっかけとなったといわれる中国の小説集「剪燈新話」、江戸川乱歩が愛読した全24巻に及ぶ中国の古書「情史類略」の中の恋愛怪談を取り上げ紹介。どの話も甘美なエロチシズムが漂い、性を生の基本要素として肯定しているところから「なまめかしさ」が放たれていると解説する。

 その他、「牡丹灯籠」や「雨月物語」、タイの怪談「プラカノーンのメー・ナーク」や西洋恋愛怪談「レノーレ」などを読み解きながら、生と死を超えたお化けとの恋愛が人の暮らしのなかでも質の高い、自由なスタイルだと説く。(ポプラ社 900円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    また仰天答弁…桜田五輪相は地元も見放した“柏の出川哲朗”

  2. 2

    片山大臣が一転弱気 カレンダー疑惑“証人続々”に戦々恐々

  3. 3

    オークラを提訴 久兵衛に危惧されるホテル業界の総スカン

  4. 4

    BTSと東方神起は紅白落選…TWICEだけが残ったワケ

  5. 5

    毒づきがアダに…和田アキ子"平成ラスト紅白"落選は当然か

  6. 6

    新人王でも来季は年俸7500万円 大谷の「大型契約」はいつ?

  7. 7

    “原爆Tシャツ”波紋のBTS 「紅白落選」の影響と隠れた本音

  8. 8

    原爆Tシャツ、ナチス帽…「BTS」日本への“本格進出”は白紙

  9. 9

    東電に8兆円超も税金投入…政府や電力会社がおかしい!

  10. 10

    平成最後の紅白は迷走…“目玉なし”で視聴率最低の大ピンチ

もっと見る