「ラボ・ガール」ホープ・ヤーレン著 小坂恵理訳

公開日:  更新日:

 物理学、地球科学の研究者を父に持つ著者は、研究室を遊び場として育った。彼女の人生に大きな影響を与えたのはトウヒの木で、長く厳しい冬の間、針のようにとがった葉が白い雪と灰色の空を突き刺すように伸びる姿は、禁欲主義の完璧なモデルのように感じられた。彼女は夏には木登りを楽しみ、木に話しかけた。その木は彼女が遠く離れた地にいるときに、季節はずれの5月の大雪で枝が折れてしまったため、両親が安楽死させたが、彼女は木から学んだことを忘れずカリフォルニア大学に進み、地球生物学分野の研究者となる。

「タイム」誌で「最も影響を与えた100人」に選ばれた研究者の自伝。

(化学同人 2600円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「誰のおかげで飯食ってんだよ」同年代アイドルの怒声に…

  2. 2

    五輪イメージ悪化…安倍政権が描く竹田会長追放のシナリオ

  3. 3

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  4. 4

    「史上最弱横綱」稀勢の里を生んだ“機能不全”横審の大罪

  5. 5

    稀勢の里“ガチンコ横綱”の限界…過信と疲労蓄積で自滅連敗

  6. 6

    「カープに恩義ある」引き抜きを断り続ける目利きスカウト

  7. 7

    統計調査不正を逆利用 安倍首相がもくろむ政権浮揚プラン

  8. 8

    仏捜査のJOC会長の長男 竹田恒泰氏“父擁護”のトンデモ発言

  9. 9

    稀勢の里引退決断 歴代最低“36勝36敗97休”の不名誉記録

  10. 10

    「いだてん」低迷は想定内 NHK大河にクドカン起用の狙い

もっと見る