「ラボ・ガール」ホープ・ヤーレン著 小坂恵理訳

公開日:  更新日:

 物理学、地球科学の研究者を父に持つ著者は、研究室を遊び場として育った。彼女の人生に大きな影響を与えたのはトウヒの木で、長く厳しい冬の間、針のようにとがった葉が白い雪と灰色の空を突き刺すように伸びる姿は、禁欲主義の完璧なモデルのように感じられた。彼女は夏には木登りを楽しみ、木に話しかけた。その木は彼女が遠く離れた地にいるときに、季節はずれの5月の大雪で枝が折れてしまったため、両親が安楽死させたが、彼女は木から学んだことを忘れずカリフォルニア大学に進み、地球生物学分野の研究者となる。

「タイム」誌で「最も影響を与えた100人」に選ばれた研究者の自伝。

(化学同人 2600円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安藤サクラに朝ドラ奪われ…満島ひかり“超ワガママ”の裏側

  2. 2

    安倍首相は「年金資産」を北方領土とバーターする気だった

  3. 3

    日産ゴーン逮捕の裏側と今後 衝撃はこれからが本番だ<上>

  4. 4

    大谷のア新人王を非難 東地区2球団の投手陣が右肘を狙う

  5. 5

    新人王でも来季は年俸7500万円 大谷の「大型契約」はいつ?

  6. 6

    交渉前に「お断り」…FA浅村に蹴飛ばされたオリの自業自得

  7. 7

    エ軍が大谷の復帰に慎重姿勢 あの日本人投手が反面教師に

  8. 8

    ソフトBが“相場破壊” 浅村に大魔神&松井超えの札束用意か

  9. 9

    大みそかToshlとYOSHIKI“バラ売り” 「X JAPAN」どうなる?

  10. 10

    大人も答えられない「正しいあいさつ」を小2に押しつけ

もっと見る