「しゃがむ力」中村考宏著

公開日:  更新日:

「しゃがむ」とは、いわゆる「スクワット」のこと。「関節をきちんと折りたたんで、“身体”を収めていく」人間の自然な動きのひとつなのだ。

 かつてトイレが和式の時代は、日本人ならだれでも排便のときに必ずしゃがむという動作をしていたし、女性は炊事・洗濯・掃除などあらゆる日常生活の中でこの動作をとっていた。だが、最近ではしゃがむ動作をとる機会はめっきり減った。

 本書では、NASAでもバランストレーニングに取り入れているスクワットの仕方を徹底解説。「かかとを床につける」「骨盤を立てる」「胸を出す」が3原則で、足指、関節、体幹、腹と部位別に具体的に、無理なく体本来の動きを整える方法を写真・イラストで紹介している。

(晶文社 1600円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    M4~5級が異例頻発…南海トラフ地震「1~2年後」と専門家

  2. 2

    水道法改正の裏で…民間業者「水を止める」と住民“脅迫”

  3. 3

    「第2の貴ノ岩」の懸念も…貴乃花が置いていった7人の地雷

  4. 4

    今度は雑誌がバカ売れ…女性の圧倒的支持を得た白石麻衣

  5. 5

    志村けんの「酒・カネ・オンナ」68歳の優雅な独身貴族生活

  6. 6

    偶然なのか…「不適切入試」の医学部はなぜかブラック病院

  7. 7

    4K&8Kテレビの選び方は…両方導入したプロが基礎を解説

  8. 8

    家庭内でも孤立…貴乃花が妻と弟子にした“正座説教”1時間

  9. 9

    専門家が指摘…あおり運転は善良なドライバーもやっている

  10. 10

    上沼恵美子で騒ぐ連中の勉強不足…便乗TVもどうかしている

もっと見る