「でれすけ」簑輪諒著

公開日:  更新日:

 河内源氏、源義光の子孫である佐竹義重は、嫡男の義宣に家督を譲り、隠居として悠々と暮らしていた。東国に進出をもくろみ、佐竹を脅かしていた北条が豊臣に降伏して、平穏な日々が訪れたと思った頃、秀吉に呼ばれ、常陸の国を平定せよと命じられた。切り従えた領地は佐竹のものとしてよいと言質をとって帰国したが、独立心の強い領主たちは佐竹に従おうとしない。やむなく水戸城、府中城を攻め落とした後、京にいた義宣から届いた書状に、義重は目を疑った「常陸の件、切り取り次第にあらず」。

 坂東武者の誇りを胸に、秀吉、家康らと堂々と渡り合った、佐竹義重、義宣父子の意地を描く時代小説。

(徳間書店 1700円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    伊集院静氏が指摘 今の65歳から80歳が日本をダメにした

  2. 2

    小橋健太さんが明かす 先輩レスラーたちの凄まじい飲み方

  3. 3

    13勝左腕ガルシアと破談…怒り心頭の中日が疑う“巨人の影”

  4. 4

    巨額税収減に負け惜しみ連発…小池知事がさらけ出した無能

  5. 5

    鳥谷は4億で大山は微増の3000万 若虎たちの嘆きを聞け 

  6. 6

    フジ月9「SUITS」 視聴率“2ケタ死守”ほぼ確定も残る不安

  7. 7

    中日から強奪は“吉”か 虎入り確実ガルシアに3つの懸念材料

  8. 8

    世論調査で内閣支持率一斉下落…肝いり政策がそろって不評

  9. 9

    数字残して当たり前…阪神FA西に浴びせられるドギツい洗礼

  10. 10

    M4~5級が異例頻発…南海トラフ地震「1~2年後」と専門家

もっと見る