「でれすけ」簑輪諒著

公開日: 更新日:

 河内源氏、源義光の子孫である佐竹義重は、嫡男の義宣に家督を譲り、隠居として悠々と暮らしていた。東国に進出をもくろみ、佐竹を脅かしていた北条が豊臣に降伏して、平穏な日々が訪れたと思った頃、秀吉に呼ばれ、常陸の国を平定せよと命じられた。切り従えた領地は佐竹のものとしてよいと言質をとって帰国したが、独立心の強い領主たちは佐竹に従おうとしない。やむなく水戸城、府中城を攻め落とした後、京にいた義宣から届いた書状に、義重は目を疑った「常陸の件、切り取り次第にあらず」。

 坂東武者の誇りを胸に、秀吉、家康らと堂々と渡り合った、佐竹義重、義宣父子の意地を描く時代小説。

(徳間書店 1700円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    メジャー野球もチクリと イチロー引退会見で露呈した本音

  2. 2

    竹田JOC会長が仏当局の聴取に「黒塗り」報告書提出のア然

  3. 3

    事実上のクビ…イチロー現役引退の裏にマリナーズとの暗闘

  4. 4

    新元号の有力候補やはり「安」が? すでに皇太子に提示か

  5. 5

    有村架純「ひよっこ」は「サザエさん」「渡鬼」になれるか

  6. 6

    10連休GWの小遣い稼ぎに「3月高配当」21銘柄いまから狙う

  7. 7

    MC復帰でバッシングも想定内? 河野景子の“したたか”戦略

  8. 8

    作家・吉川潮氏が分析 イチロー引退会見で感じた“不快感”

  9. 9

    「おおらかにやりたいが…」元“満塁男”駒田徳広さんの葛藤

  10. 10

    AKBグループを蝕む“大企業病” 運営側グタグタ会見で露呈

もっと見る