• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「でれすけ」簑輪諒著

 河内源氏、源義光の子孫である佐竹義重は、嫡男の義宣に家督を譲り、隠居として悠々と暮らしていた。東国に進出をもくろみ、佐竹を脅かしていた北条が豊臣に降伏して、平穏な日々が訪れたと思った頃、秀吉に呼ばれ、常陸の国を平定せよと命じられた。切り従えた領地は佐竹のものとしてよいと言質をとって帰国したが、独立心の強い領主たちは佐竹に従おうとしない。やむなく水戸城、府中城を攻め落とした後、京にいた義宣から届いた書状に、義重は目を疑った「常陸の件、切り取り次第にあらず」。

 坂東武者の誇りを胸に、秀吉、家康らと堂々と渡り合った、佐竹義重、義宣父子の意地を描く時代小説。

(徳間書店 1700円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  2. 2

    小川アナの左腕が物語る…嵐・櫻井翔“新恋人報道”の違和感

  3. 3

    元SMAP3人は自由を謳歌 シャッフルして新たな仕事が急増中

  4. 4

    徳永有美アナが古巣に復帰 「報ステ」現場は大ブーイング

  5. 5

    大激怒から落胆へ…爆問・太田“裏口入学”報道の複雑胸中

  6. 6

    県警・消防は380人動員 なぜ理稀ちゃんを発見できなかった

  7. 7

    日本人拘束は進展ナシ…「安倍3選」を阻む北朝鮮の仕掛け

  8. 8

    もし破局したら…“恋愛露出狂”剛力&前澤社長の未来予想図

  9. 9

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  10. 10

    太田光“裏口”報道は法廷へ 光代社長「橋下先生に委任状」

もっと見る