「うまい日本酒をつくる人たち」増田晶文著

公開日: 更新日:

 来年、廃線が決まった、広島と島根を結ぶJR三江線の口羽駅から6キロ離れた所にあるのが池月酒造だ。

 かつては、純米酒1に対して醸造用アルコールなどを入れて3倍にする「三増酒」が経営を支えていた。

 次の蔵元である末田誠一が純米酒や大吟醸へのシフトを決心した時、杜氏たちは認めなかった。彼らが引退した後、末田は未経験者の社員と大学で醸造を学んだ「醸造インターン生」の3人で「誉池月」を造り上げた。急峻な山地が生んだ硬度0・3という超軟水で造られた酒で、地元で愛されている。

 全国の蔵がそれぞれの思いで個性的な酒を生みだす「酒屋万流」を訪ね、著者が出会った銘酒造りの11人。

(草思社 1800円+税)


日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    京大教授藤井聡氏 大阪都構想は維新への信任投票ではない

  2. 2

    宮崎美子“61歳ピカピカ”ビキニ…美魔女ナイスバディなぜ?

  3. 3

    土屋太鳳がまた…桜田通との抱擁撮でさらに女性を敵に回す

  4. 4

    菅政権が「年末年始17連休」正月休み拡大をブチ上げた狙い

  5. 5

    安倍前首相ファクト発言にツッコミ殺到「おまえが言うか」

  6. 6

    Gドラ1は投手捨て野手に…乗り換えた原監督の不安と不満

  7. 7

    いしだ壱成さんが語る「生活保護不正受給疑惑」報道の真相

  8. 8

    今年のドラフトは“戦略ダダ漏れ”「個室指名」の意外な盲点

  9. 9

    岡村隆史は自称“風俗オタク”…結婚生活はうまくいくのか

  10. 10

    岡村隆史の結婚秘話「相手はあの子」NSC時代の恩師明かす

もっと見る

人気キーワード