「うまい日本酒をつくる人たち」増田晶文著

公開日: 更新日:

 来年、廃線が決まった、広島と島根を結ぶJR三江線の口羽駅から6キロ離れた所にあるのが池月酒造だ。

 かつては、純米酒1に対して醸造用アルコールなどを入れて3倍にする「三増酒」が経営を支えていた。

 次の蔵元である末田誠一が純米酒や大吟醸へのシフトを決心した時、杜氏たちは認めなかった。彼らが引退した後、末田は未経験者の社員と大学で醸造を学んだ「醸造インターン生」の3人で「誉池月」を造り上げた。急峻な山地が生んだ硬度0・3という超軟水で造られた酒で、地元で愛されている。

 全国の蔵がそれぞれの思いで個性的な酒を生みだす「酒屋万流」を訪ね、著者が出会った銘酒造りの11人。

(草思社 1800円+税)


日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    山口ポスティングでメジャー移籍へ 巨人初容認4つの裏事情

  2. 2

    安倍首相11.20退陣説 「桜を見る会」疑惑で政界の空気一変

  3. 3

    幼保無償化がようやくスタートも…多子世帯には厳しい現実

  4. 4

    植野妙実子氏「表現の自由」の抑圧で民主国家は成立しない

  5. 5

    「桜を見る会」関連業務“アベ友業者”にオイシイ受注誘導か

  6. 6

    五つ子の“減胎手術”ですべての子を失った女性の悔恨

  7. 7

    残留も視野って…筒香、菊池、秋山の低すぎる米挑戦への志

  8. 8

    元おニャン子・立見里歌さん 元アイドルが子育て終えた今

  9. 9

    「ゴジラvsコング」で始動 小栗旬を待つ“雑巾がけ”の日々

  10. 10

    嵐・二宮和也 “匂わせ彼女”伊藤綾子と入籍した男の決断

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る