• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「うまい日本酒をつくる人たち」増田晶文著

 来年、廃線が決まった、広島と島根を結ぶJR三江線の口羽駅から6キロ離れた所にあるのが池月酒造だ。

 かつては、純米酒1に対して醸造用アルコールなどを入れて3倍にする「三増酒」が経営を支えていた。

 次の蔵元である末田誠一が純米酒や大吟醸へのシフトを決心した時、杜氏たちは認めなかった。彼らが引退した後、末田は未経験者の社員と大学で醸造を学んだ「醸造インターン生」の3人で「誉池月」を造り上げた。急峻な山地が生んだ硬度0・3という超軟水で造られた酒で、地元で愛されている。

 全国の蔵がそれぞれの思いで個性的な酒を生みだす「酒屋万流」を訪ね、著者が出会った銘酒造りの11人。

(草思社 1800円+税)


日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    やはり妊娠?デキ婚でもビクともしない前田敦子の“規格外”

  2. 2

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  3. 3

    安倍3選で現実味を増す “日本版リーマン・ショック”の到来

  4. 4

    シールで聴衆選別…「ヤメロ」コール徹底排除した安倍陣営

  5. 5

    恫喝して票集めるよりも 討論会用の替え玉を用意したら?

  6. 6

    追悼・樹木希林さん 貫いた“奇妙な夫婦愛”と“ドケチ伝説”

  7. 7

    進次郎氏当日まで完黙…裏に父・小泉元首相“ゴルフ密約説”

  8. 8

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  9. 9

    ロング丈ワンピ姿に注目 前田敦子はやっぱり“おめでた”か

  10. 10

    錯乱答弁を連発 テレビ討論でバレた安倍首相の薄っぺらさ

もっと見る