「70歳、はじめての男独り暮らし」西田輝夫著

公開日:

 大学を退任した西田は、16年半連れ添った妻を失った。子宮頚がんだった。先妻との間の子どもも、再婚した妻の子どもも既に独立していて一緒に暮らす家族はいない。離婚した時以来、初めて独り暮らしをすることになった。妻は西田と同じく眼科医だったので、家事はもちろん、西田の論文や資料のファイルもしてくれるしっかり者だった。最後の数カ月で、妻は西田に洗濯と料理の仕方の特訓をしたが、研究一筋で生きてきた西田は妻を亡くして途方に暮れた。その日の夕食に何を食べるか決めるだけで大変なのだ。家の中のどこに何があるかさえ分からない。出張の準備もままならない。

 突然、妻のいない人生が始まった男の奮闘記。

(幻冬舎 1100円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    地方は“安倍自民NO” 高知新聞「内閣支持率26%」の衝撃

  2. 2

    年商200億円の深キョン新恋人 “ホコリだらけ”の女性遍歴

  3. 3

    JOC会長を猛批判 小池知事に長男・竹田恒泰氏との“因縁”

  4. 4

    「団十郎」襲名の海老蔵が「白猿」に込めた暴行事件の自戒

  5. 5

    菊川怜の夫は裁判沙汰に…女性芸能人が“成金”を選ぶリスク

  6. 6

    カリスマ経営者が警告「リーマンに近いことに」の現実味

  7. 7

    “年金博士”警鐘 支給年齢「68歳引き上げ」が意味すること

  8. 8

    実業家と交際報道も…深田恭子と亀梨の“愛犬散歩”目撃情報

  9. 9

    高校ラグビー決勝戦で話題に 各地の「桐蔭」の由来は?

  10. 10

    芸人から女優へ イモトアヤコは“第2の泉ピン子”を目指す?

もっと見る