• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「70歳、はじめての男独り暮らし」西田輝夫著

 大学を退任した西田は、16年半連れ添った妻を失った。子宮頚がんだった。先妻との間の子どもも、再婚した妻の子どもも既に独立していて一緒に暮らす家族はいない。離婚した時以来、初めて独り暮らしをすることになった。妻は西田と同じく眼科医だったので、家事はもちろん、西田の論文や資料のファイルもしてくれるしっかり者だった。最後の数カ月で、妻は西田に洗濯と料理の仕方の特訓をしたが、研究一筋で生きてきた西田は妻を亡くして途方に暮れた。その日の夕食に何を食べるか決めるだけで大変なのだ。家の中のどこに何があるかさえ分からない。出張の準備もままならない。

 突然、妻のいない人生が始まった男の奮闘記。

(幻冬舎 1100円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    正反対キャラを演じきる 佐藤健“視聴率40%男”の存在感

  2. 2

    焼肉通いは序章…星野源が狙われる新垣結衣との要塞デート

  3. 3

    沖縄県知事選で“黒歴史”隠し 佐喜真候補にもう一つの疑惑

  4. 4

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  5. 5

    花田家は崩壊寸前…貴乃花親方は協会批判し妻は見舞い拒否

  6. 6

    追悼・樹木希林さん 貫いた“奇妙な夫婦愛”と“ドケチ伝説”

  7. 7

    二宮和也はジャニーズの“条件”拒み…伊藤綾子と来年結婚か

  8. 8

    安倍自民がブチあげ「省庁再々編」は国民ダマしの常套手段

  9. 9

    安倍首相が総裁選で獲得 地方票「55%」の怪しいカラクリ

  10. 10

    吉澤ひとみの逮捕で…「元モー娘。」相次ぐ謝罪の違和感

もっと見る