「70歳、はじめての男独り暮らし」西田輝夫著

公開日:

 大学を退任した西田は、16年半連れ添った妻を失った。子宮頚がんだった。先妻との間の子どもも、再婚した妻の子どもも既に独立していて一緒に暮らす家族はいない。離婚した時以来、初めて独り暮らしをすることになった。妻は西田と同じく眼科医だったので、家事はもちろん、西田の論文や資料のファイルもしてくれるしっかり者だった。最後の数カ月で、妻は西田に洗濯と料理の仕方の特訓をしたが、研究一筋で生きてきた西田は妻を亡くして途方に暮れた。その日の夕食に何を食べるか決めるだけで大変なのだ。家の中のどこに何があるかさえ分からない。出張の準備もままならない。

 突然、妻のいない人生が始まった男の奮闘記。

(幻冬舎 1100円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    豊洲市場の事故現場は“血の海”だった…目撃者は顔面蒼白

  2. 2

    6億円&原監督のメッセージ…巨人「FA炭谷取り」真の狙い

  3. 3

    「人の税金で学校」麻生大臣また舌禍で安倍政権の公約破壊

  4. 4

    袴田吉彦と“アパ不倫”の真麻さん 新恋人との「結婚」激白

  5. 5

    鼻を突く生臭さ…豊洲市場の内外で漂い始めた「腐敗臭」

  6. 6

    原巨人ため息…“陰のMVP”天敵フランスアは広島であと5年

  7. 7

    元武富士ダンサーズ 大西裕貴子さんが明かす“CM撮影秘話”

  8. 8

    ネットに顔さらされた運転手はホリエモンを訴えられる?

  9. 9

    関根正裕×江上剛 総会屋事件対応した2人が語る今の銀行界

  10. 10

    FA丸は残留が本音か “契約年数”上積みなら広島に勝機あり

もっと見る