• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「70歳、はじめての男独り暮らし」西田輝夫著

 大学を退任した西田は、16年半連れ添った妻を失った。子宮頚がんだった。先妻との間の子どもも、再婚した妻の子どもも既に独立していて一緒に暮らす家族はいない。離婚した時以来、初めて独り暮らしをすることになった。妻は西田と同じく眼科医だったので、家事はもちろん、西田の論文や資料のファイルもしてくれるしっかり者だった。最後の数カ月で、妻は西田に洗濯と料理の仕方の特訓をしたが、研究一筋で生きてきた西田は妻を亡くして途方に暮れた。その日の夕食に何を食べるか決めるだけで大変なのだ。家の中のどこに何があるかさえ分からない。出張の準備もままならない。

 突然、妻のいない人生が始まった男の奮闘記。

(幻冬舎 1100円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    太った? 元AKB小嶋陽菜のムッチリ体型にファン容赦なし

  2. 2

    英紙も警告 2020年の東京五輪は“殺人オリンピック”になる

  3. 3

    豪雨初動遅れも反省なし…安倍政権が強弁するウソと言い訳

  4. 4

    否定会見で墓穴 古屋圭司議員の“裏金”疑惑ますます深まる

  5. 5

    ZOZO社長とW杯決勝観戦 剛力彩芽“はじけっぷり”に心配の声

  6. 6

    検察は動くか アベトモ古屋議員に裏金疑惑が浮上 

  7. 7

    主砲にも日本語でタメ口 エンゼルス大谷「英語力」の謎

  8. 8

    “苦戦の戦犯”は金本監督 阪神の凡ミス多発は意識の低さ

  9. 9

    助っ人はベンチに 阪神・金本監督はロサリオが嫌いなのか

  10. 10

    9月の過密日程より心配 阪神が抱える“ロサリオ・大山問題”

もっと見る