「エッグマン」辻仁成著

公開日: 更新日:

 主人公は、元料理人の佐藤次郎こと通称・サトジ。14年前に居酒屋で会った女性・マヨへの恋心を心に秘めたまま、彼女が結婚して出産する過程を憧れの気持ちで見ていたものの、突然、彼女は姿を消し、シングルマザーになったという噂を聞いた。

 もう会えないだろうと思っていたところ、あるとき偶然に彼女と再会。もどかしいほど時間をかけてようやく話ができるようになり、約束をしているわけでもないが仕事帰りにまた居酒屋で顔を合わせる間柄になった。ふたりの間をつなぐのはサトジが繰り出す料理。特にサトジの作る卵料理は、困ったことがあるたびに不思議な力を発揮して幸せをもたらしていく……。

「海峡の光」で芥川賞を受賞している著者による最新作。ちょっと変わった卵かけごはん、絶品親子丼、世界一おいしいティラミスなど、主人公が卵で作る料理は読み手の食欲をそそる。

 読後、おいしい料理を食べた後のような温かい満足感が残るのがうれしい。

(朝日新聞出版 1600円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    IOCが中止を通知か 東京五輪「断念&2032年再招致」の仰天

  2. 2

    宮崎美子“61歳ピカピカ”ビキニ…美魔女ナイスバディなぜ?

  3. 3

    石破茂氏はどこへ…悲愴の派閥会長辞任から立て直せるのか

  4. 4

    今度は福留が退団 功労者を冷遇する阪神と矢野監督の愚行

  5. 5

    性急すぎる菅政権 福島原発処理水「海洋放出」決定の大罪

  6. 6

    戸田恵梨香「東出昌大共演NG」に疑問 本人の意思なのか?

  7. 7

    高級ブランドに匹敵 ワークマンが出してきた本気の機能服

  8. 8

    有村架純“ジャニタレ共演NG”解禁 キンプリ高橋との行方は

  9. 9

    小出恵介も涙…“しくじり芸能人”救う明石家さんまの名言

  10. 10

    2時間半も“吊るし上げ” 菅自民の学術会議批判はネトウヨ級

もっと見る

人気キーワード