「エッグマン」辻仁成著

公開日:

 主人公は、元料理人の佐藤次郎こと通称・サトジ。14年前に居酒屋で会った女性・マヨへの恋心を心に秘めたまま、彼女が結婚して出産する過程を憧れの気持ちで見ていたものの、突然、彼女は姿を消し、シングルマザーになったという噂を聞いた。

 もう会えないだろうと思っていたところ、あるとき偶然に彼女と再会。もどかしいほど時間をかけてようやく話ができるようになり、約束をしているわけでもないが仕事帰りにまた居酒屋で顔を合わせる間柄になった。ふたりの間をつなぐのはサトジが繰り出す料理。特にサトジの作る卵料理は、困ったことがあるたびに不思議な力を発揮して幸せをもたらしていく……。

「海峡の光」で芥川賞を受賞している著者による最新作。ちょっと変わった卵かけごはん、絶品親子丼、世界一おいしいティラミスなど、主人公が卵で作る料理は読み手の食欲をそそる。

 読後、おいしい料理を食べた後のような温かい満足感が残るのがうれしい。

(朝日新聞出版 1600円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    女が嫌いな女3位 伊藤綾子が暗示する“におわせメッセージ”

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  3. 3

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    メジャーGMも視察 加熱する菊池雄星争奪戦“禁じ手”の恐れ

  8. 8

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

  9. 9

    スワロフスキー7500個「100万円ベビーカー」の乗り心地は

  10. 10

    「黄昏流星群」も フジドラマ放送前に打ち上げ続々のワケ

もっと見る