• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

首に腫れや違和感があれば内分泌科の受診を

「甲状腺の病気の治し方」伊藤公一監修

 ほとんどの場合で命に関わることのない甲状腺の疾患。しかし、治療中は独特の症状を理解されずに苦しむ患者も少なくない。本書では、甲状腺の役割から疾患ごとの症状、治療法などをイラストと共に分かりやすく解説している。

 首の前側にある甲状腺の役割は、臓器や細胞の働きを活発にするホルモンを分泌し、全身の代謝を促すこと。代表的な疾患としては、甲状腺機能が活発になり過ぎて起こるバセドー病と、機能低下で起こる橋本病が挙げられる。前者では、食べ過ぎるのにどんどん痩せる、脈が速くなる、暑がりになり大量の汗をかくなどの症状が表れる。後者では、食べていないのに太り、脈が遅くなり、非常に寒がりになるなどの症状が特徴だ。

 橋本病は男性の20~30倍と圧倒的に女性が多いが、バセドー病は2割が男性患者である。橋本病の治療では、1日1回、甲状腺ホルモンを補う薬を服用するのが唯一の治療法だ。バセドー病では、甲状腺ホルモンの分泌を抑える薬物治療や、甲状腺を取り除く手術がある。放射性ヨウ素入りのカプセルをのみ、甲状腺の細胞を壊して減少させることで機能を正常に戻す「アイソトープ療法」という治療法もある。

 甲状腺がんも女性が男性の3倍多いが、大半が穏やかな性質のがんであり、手術とアイソトープ療法の併用で治療が可能だ。甲状腺疾患は進行が遅いという特徴もあるが、早期の治療に越したことはない。首に腫れや違和感があれば、放置せずに内分泌科を受診してみよう。

(講談社 1300円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    がん患者にヤジ 自民・穴見議員に政治資金“還流”疑惑浮上

  2. 2

    ジャニーズは酒と女で破滅 元TOKIO山口、NEWS小山の次は?

  3. 3

    宮里藍「10年越しの結婚」秘話 世間体気にし父親も大反対

  4. 4

    AKB総選挙1位でも 松井珠理奈に課せられる“ヒールの宿命”

  5. 5

    夜な夜な六本木の会員制バーで繰り広げられる乱痴気騒ぎ

  6. 6

    サザン桑田が涙を流して「RCに負けた」と語った札幌の夜

  7. 7

    夫がキャディーに…横峯さくらは“内情の功”シード復活の糧

  8. 8

    元TOKIO山口達也が5億円豪邸売却へ 収入失い債務資金枯渇

  9. 9

    モリカケ潰しと国威発揚 安倍政権がほくそ笑む“W杯狂騒”

  10. 10

    パワハラ男性マネをクビに!長澤まさみの凄みは色気と男気

もっと見る