「謎々 将棋・囲碁」新井素子ほか著

公開日:  更新日:

 将棋・囲碁の中・短編小説をそれぞれ3編ずつ編んだアンソロジー。

 例えば葉真中顕の「三角文書」。舞台は超未来、主人公は宗教家にして考古学者のヒフミーン・メイ=ジーン。今、彼が手にしているのは超古代文明の遺跡に保管されていた「三角文書」だが、そこには「▲7六歩△8四歩」という将棋の棋譜記号そっくりの不思議な文字が刻みこまれていた。

 宮内悠介の「十九路の地図」の主人公は愛衣。幼いころ祖父から囲碁を教わったが、その祖父は交通事故で植物状態に。ただひとり病院に通い続ける彼女の日課は祖父の手をさすりながら、「十六の四星」と口にすることだった。その言葉に反応して意識を取り戻す奇跡を期待してのことだった。が、応答のない日々が続く。そしてある日、祖父は突然2手目を打ってきた。だがそれは――。

 将棋・囲碁を知らない人でも十分に楽しめる6編。

(角川春樹事務所 1300円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    森友問題の反省ナシ…昭恵夫人が公然と野党批判の“妄言”

  2. 2

    第2の加計問題? “漁業潰し”仕掛人は規制改革のメンバー

  3. 3

    巨人マギーの報われない退団 「世代交代」とは遠い実情

  4. 4

    自画自賛が一転…“イッテQ疑惑”対応を誤った日テレの痛恨

  5. 5

    原爆Tシャツ、ナチス帽…「BTS」日本への“本格進出”は白紙

  6. 6

    呆れた安倍内閣 「徳」なし総理の下「徳」なし大臣集まる

  7. 7

    巨人のFA丸獲得は“天敵”広島対策 最強オプションの提示も

  8. 8

    巨人原監督“正捕手起用”の意向…炭谷のFA補強に西武OB警鐘

  9. 9

    原監督は明言も…巨人・岡本「来季三塁構想」の信ぴょう性

  10. 10

    日ハム吉田輝星の原点 「投球フォーム」に託した父の願い

もっと見る