• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「謎々 将棋・囲碁」新井素子ほか著

 将棋・囲碁の中・短編小説をそれぞれ3編ずつ編んだアンソロジー。

 例えば葉真中顕の「三角文書」。舞台は超未来、主人公は宗教家にして考古学者のヒフミーン・メイ=ジーン。今、彼が手にしているのは超古代文明の遺跡に保管されていた「三角文書」だが、そこには「▲7六歩△8四歩」という将棋の棋譜記号そっくりの不思議な文字が刻みこまれていた。

 宮内悠介の「十九路の地図」の主人公は愛衣。幼いころ祖父から囲碁を教わったが、その祖父は交通事故で植物状態に。ただひとり病院に通い続ける彼女の日課は祖父の手をさすりながら、「十六の四星」と口にすることだった。その言葉に反応して意識を取り戻す奇跡を期待してのことだった。が、応答のない日々が続く。そしてある日、祖父は突然2手目を打ってきた。だがそれは――。

 将棋・囲碁を知らない人でも十分に楽しめる6編。

(角川春樹事務所 1300円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    がん患者にヤジ 自民・穴見議員に政治資金“還流”疑惑浮上

  2. 2

    ジャニーズは酒と女で破滅 元TOKIO山口、NEWS小山の次は?

  3. 3

    AKB総選挙1位でも 松井珠理奈に課せられる“ヒールの宿命”

  4. 4

    宮里藍「10年越しの結婚」秘話 世間体気にし父親も大反対

  5. 5

    夜な夜な六本木の会員制バーで繰り広げられる乱痴気騒ぎ

  6. 6

    サザン桑田が涙を流して「RCに負けた」と語った札幌の夜

  7. 7

    夫がキャディーに…横峯さくらは“内情の功”シード復活の糧

  8. 8

    元TOKIO山口達也が5億円豪邸売却へ 収入失い債務資金枯渇

  9. 9

    モリカケ潰しと国威発揚 安倍政権がほくそ笑む“W杯狂騒”

  10. 10

    パワハラ男性マネをクビに!長澤まさみの凄みは色気と男気

もっと見る