「20代に伝えたい50のこと」秋元祥治著

公開日: 更新日:

 上京したばかりの頃、イケてる人(自分の行動の軸が定まっている人や突き抜けて取り組んでいる人)や尊敬できる人に出会いたいと考えていた著者は、イケてる人の友人はイケてる人が多いことに気づいた。だったらイケてる人に芋づる式につながっていけるのでは? そこで、イケてる人に出会ったら名刺をもらって、その日のうちにお礼などをメールで送った。

 そしてランチをご一緒したいと伝え、さらにその人にイケてる人を紹介してもらうことに。週に3、4度はこういう「わらしべ長者ランチ」を実践して見聞を広げた。

 中小企業支援に取り組む38歳の著者が、20代の自分自身に伝えたいことをまとめた一冊。(ダイヤモンド社 1300円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    稲村公望氏 日本郵政の迷走は民営化という構造改悪の結果

  2. 2

    電波少年で時の人 伊藤高史さん「朋友」から21年年後の今

  3. 3

    沢尻エリカvs門脇麦「麒麟がくる」撮影現場で一触即発か

  4. 4

    IOC“都排除”の札幌変更 小池知事は「酷暑対策」で信用失墜

  5. 5

    沢尻エリカ出演辞退か 浜崎あゆみ「M」ドラマ化が暗礁に

  6. 6

    スタイルはKoki,以上 静香の長女のフルート演奏を聴いた

  7. 7

    「やじうまワイド」でMC 58歳の玉利かおるさんは今何を?

  8. 8

    ラグビーW杯悲願の8強 日本が打ち破った伝統国の“差別”

  9. 9

    “私立小御三家”から転落しかねない…学習院初等科の危機

  10. 10

    ラグビーW杯で日テレが高笑い 格安放映権で“濡れ手で粟”

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る