• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「知ってるつもり無知の科学」スティーブン・スローマンほか著、土方奈美訳

 自転車の略図にペダルやチェーンを描き入れてもらうと、ほぼ半分の人が正しく描けないという。自分は知っているつもりでも実は正しく理解していないことが多い。認知科学者のトーマス・ランドアーが人間の記憶量を算出したら、0・5ギガバイトだったという。

 寒いときに早く室温を上げようと、温度自動調節機の目盛りを一気に上げる人が多いが、それは無駄な努力である。例えば芝刈り機が芝を集める様子は見ることができるが、食料の遺伝子組み換えがどのように行われるかは見ることができない。人が間違った考えを抱くのは、その欠落を自分の経験で補おうとするからである。

「知ってるつもり」の正体を解明する一冊。(早川書房 1900円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    もし破局したら…“恋愛露出狂”剛力&前澤社長の未来予想図

  2. 2

    県警・消防は380人動員 なぜ理稀ちゃんを発見できなかった

  3. 3

    まるで大使館…剛力彩芽&前澤社長の“100億円豪邸”を発見

  4. 4

    総裁選で論戦拒否…安倍首相が打って出た「逃げ恥」作戦

  5. 5

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  6. 6

    恋愛に厳しいはずが…剛力彩芽を“黙認”するオスカーの打算

  7. 7

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  8. 8

    カネと欲望がうごめく甲子園 ネット裏“怪情報”<下>

  9. 9

    剛力彩芽へ助言…私生活をSNSにアップする女優は伸びない

  10. 10

    まるで炎上商法 “超人ショー”と化した24時間TVの存在価値

もっと見る