「知ってるつもり無知の科学」スティーブン・スローマンほか著、土方奈美訳

公開日: 更新日:

 自転車の略図にペダルやチェーンを描き入れてもらうと、ほぼ半分の人が正しく描けないという。自分は知っているつもりでも実は正しく理解していないことが多い。認知科学者のトーマス・ランドアーが人間の記憶量を算出したら、0・5ギガバイトだったという。

 寒いときに早く室温を上げようと、温度自動調節機の目盛りを一気に上げる人が多いが、それは無駄な努力である。例えば芝刈り機が芝を集める様子は見ることができるが、食料の遺伝子組み換えがどのように行われるかは見ることができない。人が間違った考えを抱くのは、その欠落を自分の経験で補おうとするからである。

「知ってるつもり」の正体を解明する一冊。(早川書房 1900円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    セイン・カミュは事務所独立問題がこじれ芸能界から消えた

  2. 2

    台風被害はそっちのけ…安倍自民“無能幹部”の呆れた実態

  3. 3

    “タブー”だった事務所移籍 安室奈美恵はなぜ成功したのか

  4. 4

    森田健作知事 元タレントなのに災害対応で存在感ゼロの愚

  5. 5

    お台場の海はなぜ汚いのか 水質を知り尽くす港区議が警鐘

  6. 6

    CMや配信で復活の兆しも…「のん」が干された決定的な理由

  7. 7

    醜聞だらけ “火薬庫大臣”田中和徳の初入閣に地元もビックリ

  8. 8

    田原俊彦が干された真相…「BIG発言」だけではなかった

  9. 9

    汚染処理水発言で物議 何でも屋は農業や社会保障も実績0

  10. 10

    楽天平石監督の退任騒動とヤクルト小川監督辞任の“点と線”

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る