• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

脳のメカニズムに詳しくなろう編

 なぜヒトは他の動物と違うのか?なぜ心があるのか? 人間の脳に関する研究が進んで、かなりのことが解明されてきた。脳の働きのメカニズムが分かれば、認知症を防ぐことだってできるのだ。ということで、脳のメカニズムの最新研究成果を伝える新刊をご紹介。

 歴史マンガは人気があるが、なぜ教科書の説明よりマンガの方が分かりやすいのか、ヒトはなぜ涙を流すのかといった日常的な視点から説明してくれるのが「ヒトの脳にはクセがある」(小林朋道著 新潮社 1100円+税)だ。

 われわれは文字を読んでその意味を理解する、ということを普通にやっているが、実はこれはけっこう高度なことなのだ。物の形を認知するのは大脳の〈視覚野〉、声で話される言語を認知するのは〈ブローカー野〉で、別々の領域だが、視覚野で認識された文字を〈39・40野〉が音情報に変換し、ブローカー野に入力してくれるから、我々は文字を理解できるのだ。文字の読み書きができない読字障害の人は、この〈39・40野〉がほとんど働いていないという。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    お酌は一切させず 麻木久仁子さんが見たタモリの“別の顔”

  2. 2

    引っ越す度にゾ~…松原タニシ怖くて貧しい事故物件暮らし

  3. 3

    内閣府の仰天“解釈” 「加計は利害関係者にあらず」の詭弁

  4. 4

    セネガルを苦しめるも…日本があと一歩で勝ちきれない要因

  5. 5

    オリラジ中田が消えたワケ…妥当すぎる正論コメントがアダ

  6. 6

    ゲストプレー中もパット練習…男子ツアーを貶める片山晋呉

  7. 7

    元TOKIO山口達也が5億円豪邸売却へ 収入失い債務資金枯渇

  8. 8

    虐待問題解決の本質とは 黒川祥子さんが取材経験から語る

  9. 9

    低迷阪神は内紛秒読み…金本監督と選手に不穏ムード漂う

  10. 10

    4番不在の阪神・金本監督 “禁断の果実”中田翔に手を出すか

もっと見る