脳のメカニズムに詳しくなろう編

公開日:  更新日:

 なぜヒトは他の動物と違うのか?なぜ心があるのか? 人間の脳に関する研究が進んで、かなりのことが解明されてきた。脳の働きのメカニズムが分かれば、認知症を防ぐことだってできるのだ。ということで、脳のメカニズムの最新研究成果を伝える新刊をご紹介。

 歴史マンガは人気があるが、なぜ教科書の説明よりマンガの方が分かりやすいのか、ヒトはなぜ涙を流すのかといった日常的な視点から説明してくれるのが「ヒトの脳にはクセがある」(小林朋道著 新潮社 1100円+税)だ。

 われわれは文字を読んでその意味を理解する、ということを普通にやっているが、実はこれはけっこう高度なことなのだ。物の形を認知するのは大脳の〈視覚野〉、声で話される言語を認知するのは〈ブローカー野〉で、別々の領域だが、視覚野で認識された文字を〈39・40野〉が音情報に変換し、ブローカー野に入力してくれるから、我々は文字を理解できるのだ。文字の読み書きができない読字障害の人は、この〈39・40野〉がほとんど働いていないという。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    菊川怜の夫は裁判沙汰に…女性芸能人が“成金”を選ぶリスク

  2. 2

    売り込みは好調も…河野景子“豪邸ローン2億円”の逼迫台所

  3. 3

    引退の稀勢の里を支える“太いタニマチ”と6000万円の退職金

  4. 4

    「ストライクが入らない」フランスアは高知で泣いていた

  5. 5

    安倍官邸“大号令”か 厚労省「実質賃金上昇率」水増し工作

  6. 6

    首相の姓を? 永田町に飛び交う新年号に「安」採用プラン

  7. 7

    辺野古「県民投票」不参加表明 沖縄県“アベ友”5市長の評判

  8. 8

    “第2のサンゴ虚報事件”で思い出す安倍首相の朝日新聞批判

  9. 9

    広島・誠也が打点王宣言も “新3番”長野に丸の代役務まるか

  10. 10

    長野以外にGベテランリスト漏れ 広島“ポロリ発言”の波紋

もっと見る