「酒の渚」さだまさし著

公開日: 更新日:

 さだまさしがさまざまな人との交流を通じて出合った酒と酒場の思い出をつづったエッセー12編をまとめたもの。

 なかでも数多く収録されているのが京都・先斗町のスナック「鳩」と大阪のホテルプラザの「マルコポーロバー」。

 山本直純(指揮者)に連れて行かれた「鳩」は、店先に立つと看板の電気が消えている。かまわず直純が呼び出すと現れたのは、いかにも京風の女将。プレスリー好きだと紹介された彼女は、いきなりすりこ木を手に持ちプレスリーを歌い始める。出されたお酒は「クルボアジェ X.O.」。

 山口百恵引退の年、彼女からさだへ感謝のメッセージが届いたのが「マルコポーロバー」。感激して飲んだバカルディのカクテルを、彼は“モモエ”と命名した。

 寄せては返す酒の渚に育てられたさだの66年をつづる。 (幻冬舎 1100円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    山口ポスティングでメジャー移籍へ 巨人初容認4つの裏事情

  2. 2

    桜を見る会前夜 安倍事務所とニューオータニに裏取引疑惑

  3. 3

    優樹菜脱落…新ママタレ戦線のダークホースは“無臭”コンビ

  4. 4

    芦田愛菜は大絶賛も…“着物姿”を比べられた神田うのの悲哀

  5. 5

    G山口ポスティング決定も評価辛口 年俸1000万円の可能性も

  6. 6

    美馬に続き鈴木にもフラれ…巨人FA2連敗が“怪我の功名”に

  7. 7

    「元ミヤネ屋」巨人春川国際部長 たった7カ月で“お払い箱”

  8. 8

    「桜を見る会」問題 国会では真相の究明のみ全力を尽くせ

  9. 9

    ソフトバンク1位・佐藤直樹 ドラフト当日に上がった悲鳴

  10. 10

    石川秀美が地元誌に語った薬丸との最先端“ハワイ別居”生活

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る