「酒の渚」さだまさし著

公開日:  更新日:

 さだまさしがさまざまな人との交流を通じて出合った酒と酒場の思い出をつづったエッセー12編をまとめたもの。

 なかでも数多く収録されているのが京都・先斗町のスナック「鳩」と大阪のホテルプラザの「マルコポーロバー」。

 山本直純(指揮者)に連れて行かれた「鳩」は、店先に立つと看板の電気が消えている。かまわず直純が呼び出すと現れたのは、いかにも京風の女将。プレスリー好きだと紹介された彼女は、いきなりすりこ木を手に持ちプレスリーを歌い始める。出されたお酒は「クルボアジェ X.O.」。

 山口百恵引退の年、彼女からさだへ感謝のメッセージが届いたのが「マルコポーロバー」。感激して飲んだバカルディのカクテルを、彼は“モモエ”と命名した。

 寄せては返す酒の渚に育てられたさだの66年をつづる。 (幻冬舎 1100円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    また仰天答弁…桜田五輪相は地元も見放した“柏の出川哲朗”

  2. 2

    片山大臣が一転弱気 カレンダー疑惑“証人続々”に戦々恐々

  3. 3

    オークラを提訴 久兵衛に危惧されるホテル業界の総スカン

  4. 4

    BTSと東方神起は紅白落選…TWICEだけが残ったワケ

  5. 5

    毒づきがアダに…和田アキ子"平成ラスト紅白"落選は当然か

  6. 6

    “原爆Tシャツ”波紋のBTS 「紅白落選」の影響と隠れた本音

  7. 7

    豊洲市場開場から1カ月…腐敗臭に続きの床が「穴」だらけ

  8. 8

    東電に8兆円超も税金投入…政府や電力会社がおかしい!

  9. 9

    広島1位・小園海斗の成長に一役…父語る400万円の秘密兵器

  10. 10

    歴史は繰り返す 「分断か共生か」の対立が招く3度目の大戦

もっと見る