「酒の渚」さだまさし著

公開日: 更新日:

 さだまさしがさまざまな人との交流を通じて出合った酒と酒場の思い出をつづったエッセー12編をまとめたもの。

 なかでも数多く収録されているのが京都・先斗町のスナック「鳩」と大阪のホテルプラザの「マルコポーロバー」。

 山本直純(指揮者)に連れて行かれた「鳩」は、店先に立つと看板の電気が消えている。かまわず直純が呼び出すと現れたのは、いかにも京風の女将。プレスリー好きだと紹介された彼女は、いきなりすりこ木を手に持ちプレスリーを歌い始める。出されたお酒は「クルボアジェ X.O.」。

 山口百恵引退の年、彼女からさだへ感謝のメッセージが届いたのが「マルコポーロバー」。感激して飲んだバカルディのカクテルを、彼は“モモエ”と命名した。

 寄せては返す酒の渚に育てられたさだの66年をつづる。 (幻冬舎 1100円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    静岡で初確認の変異種は経路不明…首都圏・関西に蔓延危機

  2. 2

    桑田真澄に“鬼と仏”の二面性 PL学園、巨人時代の後輩語る

  3. 3

    菅政権「同じ支援」の約束反故 黙殺される独自宣言16道県

  4. 4

    菅首相が“国際的な赤っ恥”…バイデン新政権から訪米拒否

  5. 5

    マシソンは「球威と角度」以外は欠点だらけの投手だった

  6. 6

    近藤春菜「スッキリ」卒業後は婚活?厳格に育ったお嬢さん

  7. 7

    ウイルスでも細菌でもない がんリスクの最大の要素は食事

  8. 8

    オリラジ吉本退社の明暗…藤森のタナボタはいつまで続く?

  9. 9

    春菜と友近が個室会食情報…“反”吉本芸人「集結」の狙いは

  10. 10

    麻生財務相「一律10万円再給付ない」発言に若者も怒り心頭

もっと見る

人気キーワード