「ほろ酔い天国」青木正児ほか著

公開日:  更新日:

 収録された池波正太郎のエッセー「酒」の結びは、日本酒好きな猫の話だ。

「私の飼っているシャム猫は清酒が大好きだ。深夜。のこのこと書斎に入って来て、ひとりで机に向かっている私のひざへ乗り、しきりに鼻を鳴らす。酒がほしいのだ。私の書斎には、私ひとりで酒の支度ができるようになっている。いまも、私のひざで鼻を鳴らしている。小皿へ清酒をついで、彼女がピチャピチャとたのしむところをながめることにしよう」

 明治以降、現代に至るまで、坂口安吾、田中小実昌、筒井康隆、平松洋子、吉田健一ら著名作家41人の酒にまつわるエッセーアンソロジー。

 読むと、その人となりとともに、酒に対する執着、怨念(?)など、もろもろが浮かび上がり、至福の「ほろ酔い」が味わえる。

 (河出書房新社 1600円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  3. 3

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    ラグビーW杯決勝が22万円に! 横行するネットダフ屋の実態

  8. 8

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  9. 9

    高校68本塁打 早実野村プロ入り決意の裏にソフトB王会長

  10. 10

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

もっと見る