「ほろ酔い天国」青木正児ほか著

公開日: 更新日:

 収録された池波正太郎のエッセー「酒」の結びは、日本酒好きな猫の話だ。

「私の飼っているシャム猫は清酒が大好きだ。深夜。のこのこと書斎に入って来て、ひとりで机に向かっている私のひざへ乗り、しきりに鼻を鳴らす。酒がほしいのだ。私の書斎には、私ひとりで酒の支度ができるようになっている。いまも、私のひざで鼻を鳴らしている。小皿へ清酒をついで、彼女がピチャピチャとたのしむところをながめることにしよう」

 明治以降、現代に至るまで、坂口安吾、田中小実昌、筒井康隆、平松洋子、吉田健一ら著名作家41人の酒にまつわるエッセーアンソロジー。

 読むと、その人となりとともに、酒に対する執着、怨念(?)など、もろもろが浮かび上がり、至福の「ほろ酔い」が味わえる。

 (河出書房新社 1600円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    宮崎美子“61歳ピカピカ”ビキニ…美魔女ナイスバディなぜ?

  2. 2

    沢田研二に不倫と別居説…自宅周辺の聞き込みは即バレした

  3. 3

    東海大野球部「大麻使用」で激震 巨人原監督に再建託すSOS

  4. 4

    甥っ子がフジテレビ退社 囁かれる“安倍引退”のタイミング

  5. 5

    「鬼滅の刃」実写化なら炭治郎は誰が? 浮上する6人の俳優

  6. 6

    高級ブランドに匹敵 ワークマンが出してきた本気の機能服

  7. 7

    “奇跡の61歳”宮崎美子 カレンダー予約殺到で「鬼滅」超え

  8. 8

    再燃する矢野降ろし…岡田氏再登板を後押しする阪神の忖度

  9. 9

    嵐・二宮和也に訪れた倦怠期の兆し…“帰宅拒否症”疑惑も

  10. 10

    162km阪神藤浪にサイドスロー転向案が再浮上していた仰天

もっと見る

人気キーワード