「ほろ酔い天国」青木正児ほか著

公開日:  更新日:

 収録された池波正太郎のエッセー「酒」の結びは、日本酒好きな猫の話だ。

「私の飼っているシャム猫は清酒が大好きだ。深夜。のこのこと書斎に入って来て、ひとりで机に向かっている私のひざへ乗り、しきりに鼻を鳴らす。酒がほしいのだ。私の書斎には、私ひとりで酒の支度ができるようになっている。いまも、私のひざで鼻を鳴らしている。小皿へ清酒をついで、彼女がピチャピチャとたのしむところをながめることにしよう」

 明治以降、現代に至るまで、坂口安吾、田中小実昌、筒井康隆、平松洋子、吉田健一ら著名作家41人の酒にまつわるエッセーアンソロジー。

 読むと、その人となりとともに、酒に対する執着、怨念(?)など、もろもろが浮かび上がり、至福の「ほろ酔い」が味わえる。

 (河出書房新社 1600円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍政権に財界ソッポ 目玉の「原発輸出」日立凍結で全滅

  2. 2

    嫌われクロちゃんが一転…キャバ嬢に大人気の意外な理由

  3. 3

    長谷川博己と破局報道 鈴木京香「もう育てきった」の真意

  4. 4

    賀来賢人「今日から俺は」が日テレドラマのトップ走るワケ

  5. 5

    キンプリ早くも「嫌いなジャニーズ」に…なぜアンチ多い?

  6. 6

    動くとビキニが…水原希子“透け映えコーデ”に会場クギづけ

  7. 7

    NHK紅白なのに“特別枠”ばかり 平成最後はご都合主義の極み

  8. 8

    嶋大輔が復活!「今日俺」でのリバイバルに本人びっくり

  9. 9

    石崎ひゅーいとは破局か “共演者キラー”蒼井優の次の相手

  10. 10

    お笑い界追放か とろサーモン久保田の“有名だった酒グセ”

もっと見る