「阪神タイガースの正体」井上章一著

公開日: 更新日:

 1990年代の低迷期、阪神タイガースのファンは万年最下位のその不甲斐なささえ、いとおしんでいた。本書は、その一人である著者がプロ野球の歴史をひもときながら、熱狂的タイガースファンが生まれた背景を探るスポーツエッセー。

 62年、阪神は広島を迎え、セ・リーグ優勝が決まる試合を行った。しかし、15年ぶりの優勝がかかった試合にもかかわらず、甲子園の入場者数はわずか2万人だったという。2週間前の巨人3連戦はいずれも4万5000から5万人を動員しており、当時の阪神は巨人戦でしか集客できない球団だったのだ。それが熱狂的なファンに愛され、支えられるようになったのはなぜか。阪神とファン、そして彼らを育てた関西メディアの関係を読み解く。(朝日新聞出版 760円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    竹内結子さん急死 昵懇だった三浦春馬さんの死と自身の不調

  2. 2

    スガ友人事横行 異例抜擢“秋田つながり”柿崎補佐官の評判

  3. 3

    巨人のドラフトとFA補強にソフトBの壁 争奪戦ガチンコ必至

  4. 4

    山口達也逮捕の裏に“臨時収入”か TOKIO再結成は完全消滅

  5. 5

    竹内結子さん急死の謎 家庭と仕事の両立に金銭的な重圧も

  6. 6

    菅政権で内紛 総務相めぐる“嫌がらせ人事”に麻生氏激怒

  7. 7

    竹内結子さんと三浦春馬さんに「共通項」…心理学者が分析

  8. 8

    巨人と阪神が熱視線 ドラ1候補近大・佐藤の気がかりなキズ

  9. 9

    中曽根氏合同葬 参列者は6割減なのに経費は1400万円増の怪

  10. 10

    上川法相は“鋼のメンタル”官邸の狙いは「法務検察潰し」

もっと見る

人気キーワード