「阪神タイガースの正体」井上章一著

公開日: 更新日:

 1990年代の低迷期、阪神タイガースのファンは万年最下位のその不甲斐なささえ、いとおしんでいた。本書は、その一人である著者がプロ野球の歴史をひもときながら、熱狂的タイガースファンが生まれた背景を探るスポーツエッセー。

 62年、阪神は広島を迎え、セ・リーグ優勝が決まる試合を行った。しかし、15年ぶりの優勝がかかった試合にもかかわらず、甲子園の入場者数はわずか2万人だったという。2週間前の巨人3連戦はいずれも4万5000から5万人を動員しており、当時の阪神は巨人戦でしか集客できない球団だったのだ。それが熱狂的なファンに愛され、支えられるようになったのはなぜか。阪神とファン、そして彼らを育てた関西メディアの関係を読み解く。(朝日新聞出版 760円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    河野太郎は防衛相の横滑りに「格下げだ」と難色示し抵抗

  2. 2

    安倍首相も大誤算 進次郎の人気凋落「次の総理」調査9P減

  3. 3

    浜崎あゆみと交際7年 なぜ「M」にTOKIO長瀬智也は登場せず

  4. 4

    田原俊彦が干された真相…「BIG発言」だけではなかった

  5. 5

    TOKIO城島の結婚を阻む ジャニーズの「リーダー暗黙の掟」

  6. 6

    台風で倒れたゴルフ場のポールで家屋投壊…責任はどこに?

  7. 7

    人気番組で立て続けに発覚…TBS“やらせ”横行の深刻事情

  8. 8

    世界中が注目!子猫を救出した消防士が“男泣き”したワケ

  9. 9

    小児がん克服した男児が4歳の誕生日にもらった「黄色の愛」

  10. 10

    納得できない!罰金1万3300円に裁判費用400万円で徹底抗戦

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る