「本屋の新井」新井見枝香著

公開日: 更新日:

 読み終えたばかりの本についてつづった渾身のツイートが、晩飯のラーメンの写真に「いいね!」の数で負けた。画像は雄弁だ。

 スマホが普及し始めた頃、書店で料理本のレシピ部分を撮影する人がいたが、諦めるしかないのか。

 そんなとき、サイン会に参加したお客のとろけるような笑顔と、怖そうなイメージの作家のひょうきんなポーズを収めた1枚を、本人の了解を得てツイッターにアップしたら、大きな反響を呼んだ。書店員にとって神経をとがらせるものだったシャッター音が「いいね!」に聞こえることもあるのだ。

 独自に文学賞「新井賞」(賞金なし)を設置した書店員の日々を描くエッセー。

(講談社 1300円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    織田組長の絆會が近く解散を発表か 山健組の分裂話も浮上

  2. 2

    第2、第3どころか…木下優樹菜引退の裏にいる「4人の男」

  3. 3

    上昌広氏が“夜の街”叩きに警鐘「感染が蔓延するパターン」

  4. 4

    安倍首相の熊本視察にブーイング…惨事便乗“成功体験”崩壊

  5. 5

    渡部建一家に海外逃亡計画 佐々木希が離婚を迷う2つの説

  6. 6

    火野正平の“人徳” 不倫取材なのに周りから笑みがこぼれる

  7. 7

    綾瀬はるかと交際報道 韓国人俳優ノ・ミヌの気になる素性

  8. 8

    小池都政に隠蔽発覚「コロナ感染予測文書」を破棄していた

  9. 9

    “シースルー看護師”が懲戒処分撤回後にモデルに抜擢され…

  10. 10

    一部のファンとの紐帯も切れた暴力団・山口組のやりっ放し

もっと見る