• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「本屋になりたい この島の本を売る」宇田智子著 高野文子絵

 日本一広い新刊書店の書店員から、日本一狭い古本屋の店主となった著者がつづる仕事エッセー。沖縄の第一牧志公設市場の向かいにある店の前は、地元の人や観光客で人通りが絶えない。店内は3畳の広さしかないが、普段は本屋に行かない人にも「沖縄の本」ならば手に取ってもらえるはずと、独立を決断する。仕組みもよく分からぬまま飛び込んだ古書店業。個人宅への買い取りや組合の市などでの仕入れから、値付け、そして「お客さんが棚をつくる」といわれる品揃えや並べ方まで、本屋の仕事の実際を紹介する。店では展示会やライブも開催。そんな本屋の可能性を追求する試行錯誤の日々を、本や人との出会いを交えながらつづる。(筑摩書房 820円+税)



日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    オリラジ中田が消えたワケ…妥当すぎる正論コメントがアダ

  2. 2

    お酌は一切させず 麻木久仁子さんが見たタモリの“別の顔”

  3. 3

    虐待問題解決の本質とは 黒川祥子さんが取材経験から語る

  4. 4

    引っ越す度にゾ~…松原タニシ怖くて貧しい事故物件暮らし

  5. 5

    元TOKIO山口達也が5億円豪邸売却へ 収入失い債務資金枯渇

  6. 6

    写真誌に撮られた休日の有働アナに「私服がダサい」の声が

  7. 7

    「すれ違いが原因」に違和感 NHK桑子アナの離婚の真相は?

  8. 8

    通信機器宣伝マンから再出発 “ギター侍”波田陽区さんは今

  9. 9

    国会大幅延長は安倍3選のためか 総裁選工作に血税90億円

  10. 10

    退所しても人気絶大 ジャニーズは3日やったらやめられない

もっと見る