「ニッポンぶらり旅 熊本の桜納豆は下品でうまい」太田和彦著

公開日:  更新日:

 酒と肴を求めて各地を旅する酒場紀行第3弾。

 11年の暮れ。所用で出かけた大阪では、日本橋黒門市場に直行。「あさひ」の名物の「カレー天ぷらうどん」に舌鼓を打ちながら、先客の傘についた阪神タイガースの虎マークを見て、大阪人のカレーうどん好きの訳に気が付いた。黒い丼に黄色のカレー汁は、まさにタイガースカラーだからだと。黒門市場散策後は、道頓堀の古い風情の庶民フグ屋「与太呂」へ。ちりなべとひれ酒を「一心不乱夢中忘我茫然自失霞目鼻水」状態で楽しむ。

 その他、熊本では馬刺しと納豆を組み合わせた「桜納豆」で馬力をつけ、仙台でなじみの店の再開に安堵する。左党必読、出張のお供にも好適。

(集英社 600円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    早とちり小池知事…都が鑑定の“バンクシー作品”には型紙が

  2. 2

    警察が運営阻止? 6代目山口組・高山若頭に早くも再逮捕説

  3. 3

    全豪OPで話題…大坂なおみが“スリム”になった深~い理由

  4. 4

    30歳適齢期は昔話 石原さとみ&深田恭子が結婚しないワケ

  5. 5

    したたか仏政府 ルノーとの経営統合要求で日産“強奪”狙い

  6. 6

    劇的試合続くも外国人記者ソッポ…錦織圭はなぜ“不人気”か

  7. 7

    “年金博士”警鐘 支給年齢「68歳引き上げ」が意味すること

  8. 8

    持ち家派も…定年後は限りなく“住居費負担ゼロ”を目指す

  9. 9

    年商200億円の深キョン新恋人 “ホコリだらけ”の女性遍歴

  10. 10

    やっぱり賃金は下がっている 虚飾の政権で沈む日本経済

もっと見る