「クラシック音楽全史」松田亜有子著

公開日:  更新日:

 マーケットが海外に広がったとき、ビジネスマンは何かと教養を問われる。世界共通の言語ともいえる音楽も、そのひとつ。特に言語を介せずに楽しむことができるクラシック音楽は、人と人とが出会う社交の場で、信頼関係を築く鍵になることも少なくない。

 本書は、クラシック音楽の楽しみ方や基礎知識をわかりやすく説いた虎の巻だ。

 音階や楽譜の誕生の歴史、音楽家の役割の変化、音楽と社会や経済との関係のほか、押さえておきたい作曲家や有名曲についても平易に解説してくれる。

 たとえばベートーベンは、①貴族のためでなく人類のために自分の気持ちを表現し②パトロンに頼らないフリー音楽家となり③先人のノウハウを駆使して完成形へと高めた音楽家として、3つの側面から紹介されている。

 巻末にはおすすめ曲10選と、クラシックが楽しめる映画30選つき。右も左もわからない初心者なら、それらの曲から聴いてみると、高いハードルもぐっと下がるかも。

(ダイヤモンド社 1600円+税)


日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    伊集院静氏が指摘 今の65歳から80歳が日本をダメにした

  2. 2

    小橋健太さんが明かす 先輩レスラーたちの凄まじい飲み方

  3. 3

    巨額税収減に負け惜しみ連発…小池知事がさらけ出した無能

  4. 4

    13勝左腕ガルシアと破談…怒り心頭の中日が疑う“巨人の影”

  5. 5

    鳥谷は4億で大山は微増の3000万 若虎たちの嘆きを聞け 

  6. 6

    フジ月9「SUITS」 視聴率“2ケタ死守”ほぼ確定も残る不安

  7. 7

    世論調査で内閣支持率一斉下落…肝いり政策がそろって不評

  8. 8

    中日から強奪は“吉”か 虎入り確実ガルシアに3つの懸念材料

  9. 9

    数字残して当たり前…阪神FA西に浴びせられるドギツい洗礼

  10. 10

    M4~5級が異例頻発…南海トラフ地震「1~2年後」と専門家

もっと見る