「クラシック音楽全史」松田亜有子著

公開日: 更新日:

 マーケットが海外に広がったとき、ビジネスマンは何かと教養を問われる。世界共通の言語ともいえる音楽も、そのひとつ。特に言語を介せずに楽しむことができるクラシック音楽は、人と人とが出会う社交の場で、信頼関係を築く鍵になることも少なくない。

 本書は、クラシック音楽の楽しみ方や基礎知識をわかりやすく説いた虎の巻だ。

 音階や楽譜の誕生の歴史、音楽家の役割の変化、音楽と社会や経済との関係のほか、押さえておきたい作曲家や有名曲についても平易に解説してくれる。

 たとえばベートーベンは、①貴族のためでなく人類のために自分の気持ちを表現し②パトロンに頼らないフリー音楽家となり③先人のノウハウを駆使して完成形へと高めた音楽家として、3つの側面から紹介されている。

 巻末にはおすすめ曲10選と、クラシックが楽しめる映画30選つき。右も左もわからない初心者なら、それらの曲から聴いてみると、高いハードルもぐっと下がるかも。

(ダイヤモンド社 1600円+税)


日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    松岡茉優 初主演「カネ恋」好発進も気の毒な“3つのハンデ”

  2. 2

    静かに確実に忍び寄る…「1999年 ITバブル崩壊」の再来

  3. 3

    山下智久が来月にも活動再開…怪しくなってきた海外の仕事

  4. 4

    芦名星さん突然の訃報に…“破局”の憶測と質素な暮らしぶり

  5. 5

    宮内義彦のオリックスは「実は何か」が問われている

  6. 6

    阪神には行きたくない 糸井2世も敬遠する球団の構造的欠陥

  7. 7

    芦名星さん、三浦春馬さん…俳優を追い込む韓国との類似点

  8. 8

    フジ反町理キャスターと“コロナの女王”岡田晴恵が消えた?

  9. 9

    三浦春馬さん、芦名星さん急死…共通点は酒量と「いい人」

  10. 10

    巨人FA補強に浮上する「第3の男」 菅野メジャー流出濃厚で

もっと見る