「柳都新潟古町芸妓ものがたり」小林信也著

公開日:

 京都の祇園、東京の新橋と並び伝統と格式を認められ、日本3大芸妓といわれる「新潟古町芸妓」の歴史と、今を生きる古町芸妓たちの素顔を追ったルポルタージュ。

 昭和40年代には古町に総勢80人から100人近くの芸妓がいたが、時代の変化と共に、置き屋の面倒を見てくれる、いわゆる旦那衆が姿を消し、花柳界は存続の危機に瀕していた。それを救ったのが芸妓の会社「柳都振興」だった。宝塚歌劇団をヒントに、地元有志が出資し、芸妓を社員とし、給料は高卒女性の一般的な初任給の倍近く、結婚も自由、産休もとれるという異例の会社である。 本書には、ハードロックが好きな紅子さん、バレエから日本舞踊に転身したあやめさんら、そこで育った古町芸妓の芸にかける情熱と本音が語られている。 (ダイヤモンド社 1600円+税)


日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    巨人が岩隈獲得も…“救世主”とアテにできない致命的欠陥

  2. 2

    ロシア専門家が警鐘「北方領土問題進展は日本側の幻想」

  3. 3

    日ハムと巨人では“雲泥の差” 注目2球団補強の中身と狙い

  4. 4

    火野正平との醜聞が話題に 元祖バラドル小鹿みきさんは今

  5. 5

    清原の二の舞か…“Vの使者”丸を待つ巨人移籍1年目の大重圧

  6. 6

    国家公務員ボーナス支給 実は日産ゴーン並みの“過少発表”

  7. 7

    FA丸を筆頭に総額50億円大補強…巨人最大の問題はリリーフ

  8. 8

    広島はマネーゲームせず…丸にも最後は“渋チン”貫いた理由

  9. 9

    FA炭谷加入で…G小林“正捕手剥奪”で年俸6000万円飼い殺し

  10. 10

    魔性の女が復活…「あな渡」は“荻野目慶子劇場”と化した

もっと見る