「柳都新潟古町芸妓ものがたり」小林信也著

公開日: 更新日:

 京都の祇園、東京の新橋と並び伝統と格式を認められ、日本3大芸妓といわれる「新潟古町芸妓」の歴史と、今を生きる古町芸妓たちの素顔を追ったルポルタージュ。

 昭和40年代には古町に総勢80人から100人近くの芸妓がいたが、時代の変化と共に、置き屋の面倒を見てくれる、いわゆる旦那衆が姿を消し、花柳界は存続の危機に瀕していた。それを救ったのが芸妓の会社「柳都振興」だった。宝塚歌劇団をヒントに、地元有志が出資し、芸妓を社員とし、給料は高卒女性の一般的な初任給の倍近く、結婚も自由、産休もとれるという異例の会社である。 本書には、ハードロックが好きな紅子さん、バレエから日本舞踊に転身したあやめさんら、そこで育った古町芸妓の芸にかける情熱と本音が語られている。 (ダイヤモンド社 1600円+税)


日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    任侠山口組が組長制に 40数名が織田代表と親子盃、舎弟盃

  2. 2

    お笑い文化台無し!安倍首相の吉本新喜劇出演に府民大激怒

  3. 3

    役者はセリフが命…山P「インハンド」にブーイングのワケ

  4. 4

    博多大吉とデート報道 赤江珠緒が気を揉む"あの男"の存在

  5. 5

    統一地方選で2ケタ議席「N国党」と「幸福党」大躍進のナゼ

  6. 6

    木浪と近本は数試合で…矢野阪神「4番・大山」の賞味期限

  7. 7

    あるのか阪神? 貧打と補強下手の“4度目赤っ恥”緊急補強

  8. 8

    衆院2補選惨敗で自民真っ青…夏の“衆参W選”へ一気に現実味

  9. 9

    大谷はFA権取得前に放出か トラウト472億円契約延長の波紋

  10. 10

    大船渡・佐々木に阪神熱視線で…“藤浪の二の舞”懸念する声

もっと見る