「フィフティ・ピープル」チョン・セラン著 斎藤真理子訳

公開日:

 スジョンの母は医師に、娘の結婚式が9月にあるので、それまでには外出できないといけないと訴えた。医師に式を前倒しにした方がいいと勧められ、病院を出るやいなや式場に電話した。

「私ね、ガンが転移しましてね、もうすぐ死ぬの」

 母が主導権を握ってから何もかも制御不能になり、スジョンは頭痛がした。写真スタジオでは最多撮影カット数を獲得、式場に飾る花だけでもひと財産使い果たしそうだ。当日、盛装の限りを尽くした母は、古典舞踊を踊るように一回転してみせた。さらららん。あの衣擦れの音とともに思い出になるのなら悪くないじゃない。(「ソン・スジョン」)

 病人、けが人、医師など病院で出会った50人の人生が交錯する連作短編小説集。

(亜紀書房 2200円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    肺病の赤ん坊に客が1stクラスを 母親の感謝投稿に圧倒共感

  2. 2

    熱愛ゼロの草食ぶり…新垣結衣は私生活でも獣になれない?

  3. 3

    志村けんの「酒・カネ・オンナ」68歳の優雅な独身貴族生活

  4. 4

    “質問無視”連発の河野外相 政治資金で「外食三昧」の日々

  5. 5

    キンプリ早くも「嫌いなジャニーズ」に…なぜアンチ多い?

  6. 6

    セクゾ松島もパニック障害…ジャニーズで病欠が相次ぐワケ

  7. 7

    実力は和牛でも…霜降り明星「M-1優勝」のメンタルを分析

  8. 8

    賀来賢人「今日から俺は」が日テレドラマのトップ走るワケ

  9. 9

    市場に流れる日産「上場廃止」説 “積極退場”の仰天情報も

  10. 10

    13勝左腕ガルシアと破談…怒り心頭の中日が疑う“巨人の影”

もっと見る