「墓が語る 江戸の真実」岡崎守恭著

公開日:  更新日:

 建立当時のままの姿であることが多いお墓を手掛かりに、歴史上の人物たちの人間模様をつづる歴史エッセー。

 薩摩藩主・島津家の墓所には、歴代の当主とその正室が隣り合うか、同じ一角に埋葬されている。しかし、27代斉興の隣だけは正室の弥姫ではなく側室のお由羅の墓が立ち、弥姫は離れた場所で孫らと眠っている。この配置に至った背景を、弥姫の子である斉彬と、お由羅の子・久光のどちらを藩主にするかを巡り起きた藩内抗争「お由羅騒動」を解説しながら考える。

 また、高野山にある徳川家2代将軍秀忠の妻・お江の墓を造営したのが3代家光ではなくその弟の忠長であることから、秀忠と家光の複雑な親子関係をうかがい見る。

 江戸時代の偉人たちの墓物語10話を収録。 (新潮社 740円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    長谷川博己と破局報道 鈴木京香「もう育てきった」の真意

  2. 2

    キンプリ早くも「嫌いなジャニーズ」に…なぜアンチ多い?

  3. 3

    安藤サクラに朝ドラ奪われ…満島ひかり“超ワガママ”の裏側

  4. 4

    伊集院静氏が指摘 今の65歳から80歳が日本をダメにした

  5. 5

    後輩芸人と絶縁宣言で浮き彫りに JOYとユージの好感度の差

  6. 6

    動くとビキニが…水原希子“透け映えコーデ”に会場クギづけ

  7. 7

    石崎ひゅーいとは破局か “共演者キラー”蒼井優の次の相手

  8. 8

    日産は会長人事見送り…ルノーに逆らえずクーデター大失敗

  9. 9

    「THE W」優勝 阿佐ヶ谷姉妹より受けていたのは滝沢カレン

  10. 10

    実は辺野古反対派 昭恵夫人「海を守りたい」思いはどこへ

もっと見る