「はつ恋」村山由佳著

公開日:

 主人公は、もうすぐ50歳になる作家のハナ。2度の離婚を経験し、もう恋はしないだろうと思っていたはずが、幼馴染みだった5歳年下の大工・トキヲと恋仲になった。

 南房総の家で猫と一緒に暮らしていたハナにとって、大阪に仕事の拠点があるトキヲとの恋愛は長距離恋愛にならざるを得ない。互いの老いた親のことも気にかけながら、仕事の終わり時間を見計らって毎日電話をかけ、やっと会えたときにはその時間を惜しむかのように求め合う、幸せと切なさを感じる日々。恋愛経験が多かったハナだが、それはもしかしたら初めてかもしれない、不思議な安心感に包まれた尊い日常だった……。

 恋愛小説の名手である著者が、作家生活25周年の記念作品として描いた大人のための恋愛小説。若いときのように結婚や出産にしばられることもなく、ただ純粋に相手を思い合う様子をゆったりと描いていく。主人公は、若い頃の刹那的な生き方を変え、四季折々の自然を味わい尽くしながら、日々の暮らしの一瞬一瞬を大切に生きるなかで恋に出合った。

 人生経験を経たからこそたどり着いた、ピュアな恋心が美しい。

(ポプラ社 1500円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    菊川怜の夫は裁判沙汰に…女性芸能人が“成金”を選ぶリスク

  2. 2

    売り込みは好調も…河野景子“豪邸ローン2億円”の逼迫台所

  3. 3

    引退の稀勢の里を支える“太いタニマチ”と6000万円の退職金

  4. 4

    「ストライクが入らない」フランスアは高知で泣いていた

  5. 5

    安倍官邸“大号令”か 厚労省「実質賃金上昇率」水増し工作

  6. 6

    辺野古「県民投票」不参加表明 沖縄県“アベ友”5市長の評判

  7. 7

    首相の姓を? 永田町に飛び交う新年号に「安」採用プラン

  8. 8

    “第2のサンゴ虚報事件”で思い出す安倍首相の朝日新聞批判

  9. 9

    広島・誠也が打点王宣言も “新3番”長野に丸の代役務まるか

  10. 10

    長野以外にGベテランリスト漏れ 広島“ポロリ発言”の波紋

もっと見る