「空をゆく巨人」川内有緒著

公開日: 更新日:

 蔡國強は1986年、初めて成田空港に降り立った。日本語学校に通いながら、作品をカバンに詰めて銀座の画廊を回ったが、対応は冷たかった。

 蔡は油絵の具と火薬を組み合わせて作品を作っていたが、東洋の文化では「一」がすべてを包含することから、火薬ひとつだけを爆発させて作品を作るようになる。

 そんな蔡の才能を見抜いたのが美術評論家の鷹見明彦だった。鷹見は平駅の近くで「ギャラリーいわき」を運営する藤田忠平に蔡の火薬画を紹介した。藤田が企画した展覧会で、開催前に7点もの作品を買った人物がいた。

 国際的なアーティスト蔡國強と、いわき市に「いわき回廊美術館」を造った人たちの出会いを描く、第16回開高健ノンフィクション賞受賞作。

 (集英社 1700円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    任侠山口組が組長制に 40数名が織田代表と親子盃、舎弟盃

  2. 2

    お笑い文化台無し!安倍首相の吉本新喜劇出演に府民大激怒

  3. 3

    統一地方選で2ケタ議席「N国党」と「幸福党」大躍進のナゼ

  4. 4

    役者はセリフが命…山P「インハンド」にブーイングのワケ

  5. 5

    博多大吉とデート報道 赤江珠緒が気を揉む"あの男"の存在

  6. 6

    木浪と近本は数試合で…矢野阪神「4番・大山」の賞味期限

  7. 7

    就職戦線“買い手市場”に激変 新卒採用は氷河期に向かう

  8. 8

    あるのか阪神? 貧打と補強下手の“4度目赤っ恥”緊急補強

  9. 9

    衆院2補選惨敗で自民真っ青…夏の“衆参W選”へ一気に現実味

  10. 10

    大谷はFA権取得前に放出か トラウト472億円契約延長の波紋

もっと見る