「ひとりメシの極意」東海林さだお著

公開日: 更新日:

 週刊誌連載の人気食エッセーの中から「ひとり」をテーマに選んだ傑作選。

 昼間、神田神保町のビアホールの2階の席に陣取り、眼下の靖国通りの通行人を眺めながらひとりで飲む生ビールのおいしさ。ドアは手動で、自動ドアなどもってのほか。メニューは黒板に白墨書き、主人と妻は無愛想などの諸条件を満たした古典的定食屋で食べるサバ味噌煮定食。コンビニから消えた「カレーマン」が食べたくて肉まんにカレーパンの中身を移植手術して自作した「中華カレーマン」の味など。店や自宅、仕事場での孤食の愉楽を軽妙につづる。

 他にも、カツカレーの正しい食べ方や駅弁が10倍おいしくなる儀式に同感したり、思わずにやけたり。ひとり酒の達人・太田和彦氏との対談も収録。

(朝日新聞出版 910円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    山崎育三郎「エール」に出待ちファン なっちとの私生活は

  2. 2

    竹内結子さん急死に深まる“動機”のナゾ…前日は家族団らん

  3. 3

    芦名星さん、三浦春馬さん…俳優を追い込む韓国との類似点

  4. 4

    竹内結子さん突然の訃報で「産後うつだったのか?」の声

  5. 5

    ジャニーズ退所を加速させた「演出家・錦織一清」の名声

  6. 6

    芦名星さん突然の訃報に…“破局”の憶測と質素な暮らしぶり

  7. 7

    志村けんさん25話ぶり登場 山田耕筰と山根銀二の戦犯論争

  8. 8

    辞め時は「64歳11カ月」少しでもおトクな退職法をおさらい

  9. 9

    芦田愛菜の八面六臂の活躍で実感…子役の果ては女高男低

  10. 10

    山口達也逮捕の裏に“臨時収入”か TOKIO再結成は完全消滅

もっと見る

人気キーワード