「上方らくごの舞台裏」小佐田定雄著

公開日: 更新日:

 落語作家の著者が、上方落語の演題を紹介しながら、落語家たちの思い出をつづる演芸エッセー。

 大阪の天王寺公園で開業する伝説の理容師と客のやりとりを描いた「青空散髪」は、3代目林家染語楼師匠がつくった昭和の新作落語。3代目はほかにも市役所の徴税係が長屋に集金に来てひどい目にあう「市民税」など多くの作品を残し、1975年に56歳の若さで亡くなった。青空散髪は、創作の才こそなかったが、芸の面では3代目をしのいでいたという4代目からほかの一門にも伝えられている。

 その他、初代・2代・3代の桂春団治師匠が十八番にしていた「いかけや」、それを3人に教えたことを生涯の自慢にしていた4代目桂文団治師匠など、38の演題と共に師匠たちの魅力や素顔を紹介する。

 (筑摩書房 940円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    飯島直子は自分のアソコに水着の上からポラで割れ目を…

  2. 2

    パ球団トレード打診も…阪神は藤浪を“飼い殺し”にするのか

  3. 3

    安倍政権GW外遊ラッシュ 13閣僚“海外旅行”に血税5億の衝撃

  4. 4

    応援演説にブーイング 杉田水脈議員が「自ら招いた危険」

  5. 5

    池袋を暴走し母娘の命を奪った元通産官僚「記念館」の真偽

  6. 6

    ジャパンライフに一斉捜査 安倍首相“広告塔”の動かぬ証拠

  7. 7

    写真誌に泥酔姿撮られた…米津玄師の「知られざる私生活」

  8. 8

    立憲民主“三重苦”で…野党結集へ態度一変した枝野氏の焦り

  9. 9

    吉高「定時で」も視聴率上昇 TBS火曜22時ドラマに“仕掛け”

  10. 10

    理事長は怒り心頭 横綱白鵬「三本締め」けん責処分の意味

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る