「『空腹』こそ最強のクスリ」青木厚著

公開日: 更新日:

 生活習慣病治療の専門医である著者は、「“1日3食取るのが体にいい”は間違いである」と断言する。それは近年研究が進み、2016年には東京工業大学の大隅良典栄誉教授がノーベル生理学・医学賞を受賞した「オートファジー」の研究でも明らかだ。

 実は、1日3食が理想であるという考え方には、確固たる裏付けがないという。むしろ、1日に3回も食事をすると、内臓が十分に休むことができずに疲弊し、消化しきれない食物によって腸内環境が悪化。体内にさまざまな炎症反応が起きるなどして、各種の生活習慣病リスクが高まる恐れもある。

 そこで、近年注目なのがオートファジーである。私たちの体を構成する60兆もの細胞は、主にタンパク質でつくられている。日々の生活の中で、古くなったり壊れたりしたタンパク質の多くは体外に排出されるが、排出し切れなかったものは細胞内にたまり、細胞を衰えさせて各種疾患の原因となる。

 しかし、何らかの原因で細胞に十分な栄養が入ってこなくなると、この古くなったり壊れたりしたタンパク質をかき集めて分解し、新しいタンパク質がつくられることが分かってきた。これがオートファジーであり、古くなった細胞を内側から新しく生まれ変わらせる仕組みなのだ。

 オートファジーを働かせるには、細胞が飢餓状態になることが条件。具体的には、最後に食事をしてから16時間が経過する必要がある。一見大変そうだが、8時間睡眠を心がけ、寝る前に4時間、起きた後に4時間食事をせずに過ごせば、目標達成だ。十分な空腹時間さえつくれば、食事内容には大きな制限は必要ないと本書。やってみる価値はありそうだ。

 (アスコム 1400円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍首相グルメ三昧 コロナ対策会議わずか10分のデタラメ

  2. 2

    内閣支持率が急降下 現実味を帯びてきた安倍首相の終わり

  3. 3

    コロナ“現地対策本部長”橋本議員 写真削除で露呈した無能

  4. 4

    嵐ファン真っ青…北京公演中止に続き21年結婚ラッシュ突入

  5. 5

    ゲッソリ痩せた東出昌大…杏との“話し合い”で主夫に転向か

  6. 6

    自民の圧力か ANAホテル豹変しメディアの桜質問にゼロ回答

  7. 7

    女性がNHK大河ソッポ 長谷川博己“若い明智光秀”なぜ不評?

  8. 8

    安倍首相の嘘にもう驚かない 耐性ができたが用心はしてる

  9. 9

    クルーズ船“潜入”医師 安倍政権の感染デタラメ対応を暴露

  10. 10

    鈴木杏樹の不倫対応で思い出す…二人の女優が残した“名言”

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る