「『空腹』こそ最強のクスリ」青木厚著

公開日: 更新日:

 生活習慣病治療の専門医である著者は、「“1日3食取るのが体にいい”は間違いである」と断言する。それは近年研究が進み、2016年には東京工業大学の大隅良典栄誉教授がノーベル生理学・医学賞を受賞した「オートファジー」の研究でも明らかだ。

 実は、1日3食が理想であるという考え方には、確固たる裏付けがないという。むしろ、1日に3回も食事をすると、内臓が十分に休むことができずに疲弊し、消化しきれない食物によって腸内環境が悪化。体内にさまざまな炎症反応が起きるなどして、各種の生活習慣病リスクが高まる恐れもある。

 そこで、近年注目なのがオートファジーである。私たちの体を構成する60兆もの細胞は、主にタンパク質でつくられている。日々の生活の中で、古くなったり壊れたりしたタンパク質の多くは体外に排出されるが、排出し切れなかったものは細胞内にたまり、細胞を衰えさせて各種疾患の原因となる。

 しかし、何らかの原因で細胞に十分な栄養が入ってこなくなると、この古くなったり壊れたりしたタンパク質をかき集めて分解し、新しいタンパク質がつくられることが分かってきた。これがオートファジーであり、古くなった細胞を内側から新しく生まれ変わらせる仕組みなのだ。

 オートファジーを働かせるには、細胞が飢餓状態になることが条件。具体的には、最後に食事をしてから16時間が経過する必要がある。一見大変そうだが、8時間睡眠を心がけ、寝る前に4時間、起きた後に4時間食事をせずに過ごせば、目標達成だ。十分な空腹時間さえつくれば、食事内容には大きな制限は必要ないと本書。やってみる価値はありそうだ。

 (アスコム 1400円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    私情や保身を優先する愚かさ 野党結集を邪魔する“新6人衆”

  2. 2

    「欅坂46」長濱ねる ファンは感じていた卒業発表の“予兆”

  3. 3

    菅野圧巻でも小林では G原監督を悩ます炭谷との“相性問題”

  4. 4

    テレ朝が異例抜擢 元乃木坂46斎藤ちはるアナの評判と実力

  5. 5

    「超面白かった」宇多田ヒカルは直撃取材直後にブログ更新

  6. 6

    大補強でも誤算生じ…V奪回義務の原巨人に燻る“3つの火種”

  7. 7

    JOC竹田会長辞任決意のウラ側 “国内引きこもり”が決定打

  8. 8

    “黒塗り違法”判決にもダンマリ…財務省の呆れた隠ぺい体質

  9. 9

    HISの澤田秀雄会長はなぜ50億円の詐欺話に引っかかった

  10. 10

    酒気帯びで自殺説まで…ビートたけし「バイク事故」の衝撃

もっと見る