「カインの子どもたち」浦賀和宏著

公開日: 更新日:

 アキの祖父・豪は、放火殺人の罪で死刑宣告を受けたが、47年も刑が執行されていない日本最長の未決囚だ。祖父のことで幼い頃からいじめを受けて育ったアキは、心のどこかで豪の死を望んでいた。

 そんなある日、ジャーナリストの莉菜が、祖父の無実を信じて支援活動を続ける父親を通じてアキに面会を申し込んできた。莉菜も死刑囚の孫だったが、彼女の祖父は獄中で病死している。喫茶店で会った莉菜は、自分の祖父が犯人とされた警察官殺人事件と、金貸しの女性が殺されたアキの祖父の事件は同一犯の可能性があると言いだす。莉菜の元に当時の事情を知る元警官から手紙が届いたのだという。 

 人殺しの孫である2人が、60年以上前の事件を調べる長編ミステリー。

(実業之日本社 648円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    軽率さ変わらぬ石田純一 東尾理子に見放され離婚へ一直線

  2. 2

    台紙の上部には見えないのに下部にだけ広がる「斜線」の謎

  3. 3

    昭恵夫人 居酒屋は小池号令厳守も“闇紳士”逮捕で疑惑再燃

  4. 4

    上沼恵美子「降板の全真相」現場は“辞めたる”を待っていた

  5. 5

    これはやりすぎ…夫の浮気現場でCA妻が取った驚きの行動

  6. 6

    夫の定年後に妻の外出が増加 交際費と被服費が家計を圧迫

  7. 7

    吉村知事の危うい“人体実験” うがい薬騒動に専門家も警鐘

  8. 8

    海老蔵「ひどくないですか」コロナ補償直訴で松竹と確執か

  9. 9

    三浦春馬さんに金銭を無心か…「母親の過去」と死の動機

  10. 10

    あの落合でも叶わず…プロ野球初「4割打者」は誕生するか

もっと見る