「ハーフウェイ・ハウスの殺人」浦賀和宏著

公開日:

 アヤコは、物心ついたころから箱根の森の中にある全寮制の学園「ハーフウェイ・ハウス」で21人の生徒たちと一緒に暮らしている。学園は、アヤコらがオベリスクと呼ぶ列柱に囲まれ、彼女たちはその外側に出たことがない。

 ある日、先生の言いつけを破ってオベリスクの外側に出たヨシオは目をむいて気を失ってしまう。一方、非嫡出子として生まれた健一は、親に反発して家出後、風俗店のボーイやライターとして働いてきた。そんな健一に、エネルギー関連企業を営む父親が突然会いたいと連絡をしてきた。数年ぶりに会った父親は、正妻の子・彩子が事故で回復の見込みがないので、健一に会社を継いで欲しいと言い出す。

 2つの世界が交錯する長編ミステリー。

(祥伝社 800円+税)


日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    肺病の赤ん坊に客が1stクラスを 母親の感謝投稿に圧倒共感

  2. 2

    熱愛ゼロの草食ぶり…新垣結衣は私生活でも獣になれない?

  3. 3

    志村けんの「酒・カネ・オンナ」68歳の優雅な独身貴族生活

  4. 4

    “質問無視”連発の河野外相 政治資金で「外食三昧」の日々

  5. 5

    セクゾ松島もパニック障害…ジャニーズで病欠が相次ぐワケ

  6. 6

    キンプリ早くも「嫌いなジャニーズ」に…なぜアンチ多い?

  7. 7

    実力は和牛でも…霜降り明星「M-1優勝」のメンタルを分析

  8. 8

    事件、退所、病気…ジャニーズ内の光と影が鮮明だった一年

  9. 9

    13勝左腕ガルシアと破談…怒り心頭の中日が疑う“巨人の影”

  10. 10

    賀来賢人「今日から俺は」が日テレドラマのトップ走るワケ

もっと見る