「僕とライカ 木村伊兵衛傑作選+エッセイ」木村伊兵衛著

公開日: 更新日:

「ライカ使いの名手」と呼ばれた日本を代表する写真家(1901~74)の代表作と残した文章を編んだ作品集。

 道端で開業する「帽子のクリーニング屋」(32年)や、沖縄をテーマにした作品(36年)をはじめとする各地で撮影したスナップ、そして写真嫌いで知られる泉鏡花ら有名人のポートレートまで、59作品を本人の解説で紹介。

 また小学校3年生のときに浅草の露店で買ったオモチャのボックスカメラとの出合いに始まる写真家人生を振り返る自伝や、30年に手に入れて以来愛用を続けるライカについてのエッセー、そして自ら考える写真論や、ともにリアリズム写真運動を展開した土門拳との対談まで。

 巨匠の人生と仕事を多角的に振り返る。

(朝日新聞出版 1000円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    横浜の誘致表明で…米カジノ最大手が大阪から撤退の衝撃

  2. 2

    浜崎あゆみと交際7年 なぜ「M」にTOKIO長瀬智也は登場せず

  3. 3

    横浜市IR誘致表明で始まる“菅長官vsヤクザ”の仁義なき戦い

  4. 4

    土屋太鳳&山崎賢人まさかの4度目共演…焼けぼっくいに火?

  5. 5

    春風亭小朝 AKB48は噺家に欠ける部分を気づかせてくれた

  6. 6

    視聴率低迷のNHK大河「いだてん」には致命的な見落としが

  7. 7

    強烈ジョークでNHKを慌てさせた 香取慎吾の気になる今後

  8. 8

    すでに紅白内定? 3人組「ヤバイTシャツ屋さん」って誰?

  9. 9

    有権者が賢くないと政治が乱れる見本

  10. 10

    井上真央が女優活動再開 嵐・松本潤との破局説の行方は?

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る