「僕とライカ 木村伊兵衛傑作選+エッセイ」木村伊兵衛著

公開日: 更新日:

「ライカ使いの名手」と呼ばれた日本を代表する写真家(1901~74)の代表作と残した文章を編んだ作品集。

 道端で開業する「帽子のクリーニング屋」(32年)や、沖縄をテーマにした作品(36年)をはじめとする各地で撮影したスナップ、そして写真嫌いで知られる泉鏡花ら有名人のポートレートまで、59作品を本人の解説で紹介。

 また小学校3年生のときに浅草の露店で買ったオモチャのボックスカメラとの出合いに始まる写真家人生を振り返る自伝や、30年に手に入れて以来愛用を続けるライカについてのエッセー、そして自ら考える写真論や、ともにリアリズム写真運動を展開した土門拳との対談まで。

 巨匠の人生と仕事を多角的に振り返る。

(朝日新聞出版 1000円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キムタク長女が破局 ハンパが許せなかった工藤静香の怒り

  2. 2

    三浦春馬さんに金銭を無心か…「母親の過去」と死の動機

  3. 3

    三浦春馬さん“遺書”に記された孤独と苦心惨憺…鬱状態にも

  4. 4

    “手越砲”被弾のAKB柏木由紀 アイドル道と強心臓に揺ぎなし

  5. 5

    三浦春馬「14年ギャラクシー賞」贈賞式ドタキャンの不可解

  6. 6

    三浦春馬さん“前兆なき死”の謎…直前に何か物凄いことが?

  7. 7

    山下智久 現役JKお持ち帰り報道で忍び寄る“最悪シナリオ”

  8. 8

    死者・重症者が8月急増「9月が怖い」の声と安倍首相の無策

  9. 9

    野党「合流新党」は150人規模の勢力に 分裂期待の自民落胆

  10. 10

    グロッキーな安倍首相 小池知事の“夏休み妨害”に怒り心頭

もっと見る