北上次郎
著者のコラム一覧
北上次郎評論家

1946年、東京都生まれ。明治大学文学部卒。本名は目黒考二。76年、椎名誠を編集長に「本の雑誌」を創刊。ペンネームの北上次郎名で「冒険小説論―近代ヒーロー像100年の変遷」など著作多数。本紙でも「北上次郎のこれが面白極上本だ!」を好評連載中。趣味は競馬。

「月まで三キロ」伊与原新著

公開日: 更新日:

 月は1年間に3.8センチずつ地球から離れているんだそうだ。3.8センチなんてたいしたものではないと思うところだが、積もり積もるとばかにはできない。いま月までの距離は38万キロだが、40億年より前の距離はいまの半分以下。つまりそれだけ離れたことになる。だから太古の月は地球から見ると、いまの6倍以上も大きかった。

 という話を教えてくれたのは、タクシーの運転手だ。事業に失敗し、妻と離婚し、故郷に帰ったら母が亡くなり、そのまま父の看護に追われる日々が続き、これでは倒れると、田んぼも家も全部売って、父をその金で老人ホームに入れ、残ったわずかな現金だけを持って故郷をあとにした49歳の語り手が、自殺を考えて乗ったタクシーの運転手だ。「知ってました?」と彼が教えてくれた。

 タクシーの運転手がなぜそんなことを知っているのかは、本書を読まれたい。自殺を考えていた語り手がその後どうなるのかも、ここには書かないでおく。

 本書は6編を収録した作品集だが、この表題作と、食堂にやって来る女性客が宇宙人だと信じる小学生を描く「エイリアンの食堂」が強い印象を残す。それは、中年男の再生と、少女の未来を、自然科学によって際立たせるという本書の特殊な手法が新鮮だからである。

 手垢のついた素材をこれまでとは違う角度から照射することで新鮮なものに変貌させてしまう「魔法」が、ここにある。

 (新潮社 1600円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    あのジャニーズが“バーチャルアイドル”2.19デビューの衝撃

  2. 2

    風間俊介は3歳児の父 ジャニーズ“結婚&子持ち”NGの境界線

  3. 3

    深まる亀裂…対韓「経済制裁」強行で偽装アベノミクス自爆

  4. 4

    かつては“お荷物”…山下智久が引き寄せた仕事運と信頼

  5. 5

    背後に敏腕マネが 大坂なおみ“バイン契約解除”決断の真相

  6. 6

    嵐に燻り続けてきた“プロパーvs外様”メンバーの確執と暗闘

  7. 7

    専門家も警鐘 南海トラフ巨大地震“前兆”続々発生の不気味

  8. 8

    結婚発表前に伏線が…テレ朝・小川彩佳は悲恋のプリンセス

  9. 9

    背水から逆転の山下智久&木村拓哉 1本の映画が2人を変えた

  10. 10

    好調な映画そっちのけ…キムタクの雑な“白髪染め”が話題に

もっと見る