「ビッグ・クエスチョン」スティーヴン・ホーキング著、青木薫訳

公開日: 更新日:

 昨年3月に亡くなったホーキングはブラックホールの研究で知られている。先日、世界初のブラックホールの撮影に成功したと報じられたが、もし彼がこれを見ることができたら、さぞ喜んだことだろう。

 本書はそのブラックホールも含めて、さまざまな人たちからホーキングに対して問いかけられた〈ビッグ・クエスチョン〉に対する答えをまとめたもの。その質問は次の10項目。

①神は存在するのか?②宇宙はどのように始まったのか?③宇宙には人間のほかにも知的生命体が存在するのか?④未来を予言することはできるのか?⑤ブラックホールの内部には何があるのか?⑥タイムトラベルは可能なのか?⑦人間は地球で生きていくべきなのか?⑧宇宙に植民地を建設すべきなのか?⑨人工知能は人間より賢くなるのか?⑩より良い未来のために何ができるのか?

 科学的・文明論的なものを取り混ぜ、どれも魅力的なビッグ・クエスチョンだ。ホーキングは研究成果を交えながら、いつの日か発見されるだろう統一理論の視点からこれらの問いに答えていく。歯ごたえはあるが、その奥にはロマンチックな夢が広がっている。

(NHK出版 1500円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    2000万円の退職金が半分以下に減ってしまい家計が苦しい

  2. 2

    台風19号で断水 町の自衛隊給水支援に神奈川県が“待った”

  3. 3

    ラグビーW杯悲願の8強 日本が打ち破った伝統国の“差別”

  4. 4

    大一番でスタメンの福岡堅樹にスコットランドは面食らった

  5. 5

    巨人ドラ2位候補で狙う149キロ即戦力“ノーノー左腕”の評価

  6. 6

    スコットランドにはショック…稲垣のトライが生まれた背景

  7. 7

    緊急放流の6ダムで事前放流せず 国交省・自治体に重大責任

  8. 8

    阪神CS出場も鳥谷は…寂しい終幕に球団と指揮官への不信感

  9. 9

    ドラフト一番人気 星稜・奥川を狙う阪神の“嫌われ方”

  10. 10

    セは来季も巨人の独り勝ち濃厚 ライバル5球団に好材料なし

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る