「ビッグ・クエスチョン」スティーヴン・ホーキング著、青木薫訳

公開日: 更新日:

 昨年3月に亡くなったホーキングはブラックホールの研究で知られている。先日、世界初のブラックホールの撮影に成功したと報じられたが、もし彼がこれを見ることができたら、さぞ喜んだことだろう。

 本書はそのブラックホールも含めて、さまざまな人たちからホーキングに対して問いかけられた〈ビッグ・クエスチョン〉に対する答えをまとめたもの。その質問は次の10項目。

①神は存在するのか?②宇宙はどのように始まったのか?③宇宙には人間のほかにも知的生命体が存在するのか?④未来を予言することはできるのか?⑤ブラックホールの内部には何があるのか?⑥タイムトラベルは可能なのか?⑦人間は地球で生きていくべきなのか?⑧宇宙に植民地を建設すべきなのか?⑨人工知能は人間より賢くなるのか?⑩より良い未来のために何ができるのか?

 科学的・文明論的なものを取り混ぜ、どれも魅力的なビッグ・クエスチョンだ。ホーキングは研究成果を交えながら、いつの日か発見されるだろう統一理論の視点からこれらの問いに答えていく。歯ごたえはあるが、その奥にはロマンチックな夢が広がっている。

(NHK出版 1500円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    岡村隆史の結婚秘話「相手はあの子」NSC時代の恩師明かす

  2. 2

    岩隈引退は「第1弾」…巨人の大リストラがついに始まった

  3. 3

    給付金に文句の麻生氏“10万円超”飲食73回の異常な金銭感覚

  4. 4

    岡村隆史“奇跡のV字回復”なのに 新妻をひた隠しにするワケ

  5. 5

    菅首相が所信表明で言い間違い連発…予算委“火だるま”必至

  6. 6

    田澤指名漏れの衝撃…背景に米国も呆れたNPBの“島国根性”

  7. 7

    田中みな実“低身長”発言が物議…153cmは女優の武器に?

  8. 8

    案里被告を保釈して大丈夫なのか…過去に全裸や救急搬送も

  9. 9

    11月1日廃止されるのは大阪市ではなく民主主義ではないか

  10. 10

    近大・佐藤1位指名も阪神育成ベタ…よぎる“藤浪の二の舞”

もっと見る

人気キーワード