「ゴールデン街 コーリング」馳星周著

公開日: 更新日:

 主人公は、北海道の田舎から上京してきた大学生の坂本俊彦。コメディアンであり、ハードボイルド作家としても名高い斉藤顕の書評のファンだった坂本は、編集部付に送った斉藤へのファンレターが縁となって、彼に誘われるまま、別名「日本冒険小説協会公認酒場」とも呼ばれる新宿ゴールデン街のバー「マーロウ」でバイトを始めた。文芸談議が好きな客が集まるバーで働けるとあって、当初は喜んでいた坂本だったが、次第に斉藤の酒癖の悪さに辟易し始める。さらに地上げ屋が跋扈するなか、ゴールデン街の存続を危ぶむ声も出始めた。そんなある日、店の常連「ナベさん」が、放火取り締まりの見回り途中に殺されるという事件が勃発。坂本は、犯人を突き止めようとするのだが……。

 本書は、著者が「不夜城」でデビューする以前に、本と酒好きが集まったゴールデン街で過ごした青春の日々を描いた自叙伝的小説。若き日にたどり着いた街で本と酒と女に溺れ、このままここにいてはダメになるのではないかと迷い、悩み、揺れる様子が描かれる。創作の原点となった、街に対する複雑な思いが熱い。

(KADOKAWA 1600円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    軽率さ変わらぬ石田純一 東尾理子に見放され離婚へ一直線

  2. 2

    上沼恵美子「降板の全真相」現場は“辞めたる”を待っていた

  3. 3

    引退も覚悟? 小倉優香ラジオ降板テロの裏に年収1億円彼氏

  4. 4

    阿炎“キャバクラ引退届”の謎 錣山親方の暴走に協会も困惑

  5. 5

    安倍首相“吐血情報”で広がる健康不安説…国会拒否の理由か

  6. 6

    三浦春馬さんに金銭を無心か…「母親の過去」と死の動機

  7. 7

    カジサックの悪評止まず…ギャラ低すぎて宮迫陣営へ流出?

  8. 8

    夫の定年後に妻の外出が増加 交際費と被服費が家計を圧迫

  9. 9

    劇的復活Vも問題はここから…照ノ富士「大関復帰」の条件

  10. 10

    阿炎キャバクラ通いバレ引退届 協会激怒も不受理の可能性

もっと見る