「ゴールデン街 コーリング」馳星周著

公開日: 更新日:

 主人公は、北海道の田舎から上京してきた大学生の坂本俊彦。コメディアンであり、ハードボイルド作家としても名高い斉藤顕の書評のファンだった坂本は、編集部付に送った斉藤へのファンレターが縁となって、彼に誘われるまま、別名「日本冒険小説協会公認酒場」とも呼ばれる新宿ゴールデン街のバー「マーロウ」でバイトを始めた。文芸談議が好きな客が集まるバーで働けるとあって、当初は喜んでいた坂本だったが、次第に斉藤の酒癖の悪さに辟易し始める。さらに地上げ屋が跋扈するなか、ゴールデン街の存続を危ぶむ声も出始めた。そんなある日、店の常連「ナベさん」が、放火取り締まりの見回り途中に殺されるという事件が勃発。坂本は、犯人を突き止めようとするのだが……。

 本書は、著者が「不夜城」でデビューする以前に、本と酒好きが集まったゴールデン街で過ごした青春の日々を描いた自叙伝的小説。若き日にたどり着いた街で本と酒と女に溺れ、このままここにいてはダメになるのではないかと迷い、悩み、揺れる様子が描かれる。創作の原点となった、街に対する複雑な思いが熱い。

(KADOKAWA 1600円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    任侠山口組が組長制に 40数名が織田代表と親子盃、舎弟盃

  2. 2

    お笑い文化台無し!安倍首相の吉本新喜劇出演に府民大激怒

  3. 3

    役者はセリフが命…山P「インハンド」にブーイングのワケ

  4. 4

    統一地方選で2ケタ議席「N国党」と「幸福党」大躍進のナゼ

  5. 5

    博多大吉とデート報道 赤江珠緒が気を揉む"あの男"の存在

  6. 6

    木浪と近本は数試合で…矢野阪神「4番・大山」の賞味期限

  7. 7

    あるのか阪神? 貧打と補強下手の“4度目赤っ恥”緊急補強

  8. 8

    衆院2補選惨敗で自民真っ青…夏の“衆参W選”へ一気に現実味

  9. 9

    大谷はFA権取得前に放出か トラウト472億円契約延長の波紋

  10. 10

    就職戦線“買い手市場”に激変 新卒採用は氷河期に向かう

もっと見る