「食の実験場アメリカ」鈴木透著

公開日: 更新日:

 食べ物は「その集団が過去をどう生き抜いてきたのかを伝える記憶媒体」だと著者はいう。

 アメリカ社会の実権を握ってきたのは、イギリス系白人だが、アメリカ人が週3回以上は食べるハンバーガーをはじめ、アメリカを代表する食べ物は、彼らの食文化の遺産でもなければ、他国の食べ物のコピーという存在でもない。ポップコーンは先住インディアン由来の食べ物であり、バーベキューも先住民と黒人奴隷の存在なくしては存在しない料理だという。

 本書は、そんなアメリカの食文化の歴史をたどりながら、豊かな食文化がなぜファストフードという画一化された食へと大きく塗り替えられたのか、そして現在、それに対する反動がどのようにアメリカ社会を変えつつあるのかを論じたアメリカ本。

 (中央公論新社 880円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    吉本批判でも24時間ランナー 近藤春菜にあがる“怨嗟の声”

  2. 2

    甲子園ドラフト候補「行きたい球団」「行きたくない球団」

  3. 3

    相場低迷でウマ味 三菱UFJの配当金は普通預金利息の5000倍

  4. 4

    ロンブー淳が明かす「山本太郎に口説かれたこともある」

  5. 5

    韓国が切り札で反撃 安倍首相の嘘が招いた“東京五輪潰し”

  6. 6

    令和元年も渦巻く欲望…夏の甲子園“ネット裏怪情報”

  7. 7

    元ワンギャル須之内美帆子さんがマレーシアに移住したワケ

  8. 8

    加藤浩次「スッキリ」3月に自主降板か MC後任に山里亮太説

  9. 9

    文春砲で改名を余儀なくされた元・羽生ゆずれないさんは今

  10. 10

    主軸周辺で仕事きっちり G亀井アラフォー年俸1億円あるか

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る