「食の実験場アメリカ」鈴木透著

公開日: 更新日:

 食べ物は「その集団が過去をどう生き抜いてきたのかを伝える記憶媒体」だと著者はいう。

 アメリカ社会の実権を握ってきたのは、イギリス系白人だが、アメリカ人が週3回以上は食べるハンバーガーをはじめ、アメリカを代表する食べ物は、彼らの食文化の遺産でもなければ、他国の食べ物のコピーという存在でもない。ポップコーンは先住インディアン由来の食べ物であり、バーベキューも先住民と黒人奴隷の存在なくしては存在しない料理だという。

 本書は、そんなアメリカの食文化の歴史をたどりながら、豊かな食文化がなぜファストフードという画一化された食へと大きく塗り替えられたのか、そして現在、それに対する反動がどのようにアメリカ社会を変えつつあるのかを論じたアメリカ本。

 (中央公論新社 880円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    140億円の超ジャンボ宝くじ当てた 40代夫婦のその後の生活

  2. 2

    和歌山県 仁坂吉伸知事に聞く「和歌山モデル」の全貌

  3. 3

    三浦春馬さんに金銭を無心か…「母親の過去」と死の動機

  4. 4

    米倉涼子は独立から半年 次回作が決まらない「2つの理由」

  5. 5

    5歳未満のコロナウイルス保有量「大人の10~100倍」のナゾ

  6. 6

    史上最大の復活V 照ノ富士“地獄”を見て相撲も性格もガラリ

  7. 7

    岩手県初のコロナ感染者に誹謗中傷が…ウソ申告増加の懸念

  8. 8

    三浦春馬さん“前兆なき死”の謎…直前に何か物凄いことが?

  9. 9

    三浦春馬さん“遺書”に記された孤独と苦心惨憺…鬱状態にも

  10. 10

    裏金作りにキャバクラ接待 鹿島建設は“組”時代と変わらぬ

もっと見る