「キレる!」中野信子著

公開日: 更新日:

 パワハラ上司や暴走老人などキレた相手の身勝手な怒りや不条理な言動には、こちらも上手にキレて抵抗する必要があると脳科学者の著者はいう。我慢するだけでは相手にカモにされ、搾取されるだけだからだ。そもそも怒りは、自分を守るために脳に組み込まれたメカニズムであり、怒りの感情と付き合うことは、生きていく上で避けることができない。キレるという行為を上手に使うことは、人間関係において、居場所をつくり、成功するために欠かせないコミュニケーションのスキルだそうだ。

 相手に強くこちらの気持ちや意思を伝える「よいキレ方」のための言葉の使い方と、自分本位の身勝手な怒りを相手にぶつけ散らす「悪いキレ方」をする人への対処法を伝授してくれるコミュニケーションテキスト。

(小学館 780円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    セイン・カミュは事務所独立問題がこじれ芸能界から消えた

  2. 2

    台風被害はそっちのけ…安倍自民“無能幹部”の呆れた実態

  3. 3

    “タブー”だった事務所移籍 安室奈美恵はなぜ成功したのか

  4. 4

    森田健作知事 元タレントなのに災害対応で存在感ゼロの愚

  5. 5

    お台場の海はなぜ汚いのか 水質を知り尽くす港区議が警鐘

  6. 6

    CMや配信で復活の兆しも…「のん」が干された決定的な理由

  7. 7

    醜聞だらけ “火薬庫大臣”田中和徳の初入閣に地元もビックリ

  8. 8

    田原俊彦が干された真相…「BIG発言」だけではなかった

  9. 9

    汚染処理水発言で物議 何でも屋は農業や社会保障も実績0

  10. 10

    楽天平石監督の退任騒動とヤクルト小川監督辞任の“点と線”

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る