「話しベタですが…」浅田次郎ほか著

公開日:  更新日:

 北海道生まれの歌人・穂村弘は、本屋で目当ての本が見つからなかったとき、なんとなく自力に固執して、店員にきけないことがあったり、電車で席を譲ろうとしても「どうぞ」の一言が言えないこともあり、「他人に声をかける」ことにハードル感覚を覚えるという。ほかに、辛酸なめ子「タメ口コミュニケーション」、山口瞳「人前で話す」、村上春樹「無口なほうですか?」、浅田次郎「寡黙と饒舌」など古今の書き手32人の珠玉のエッセー集。

 どれもが「話す」ということに何らかの関係があるエッセーで、「はじめまして、のハードル」「会話はキャッチボール…?」「喋るばかりが能じゃない」と3章に分けて収録されている。

(河出書房新社 1600円+税)



日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    豊洲市場の事故現場は“血の海”だった…目撃者は顔面蒼白

  2. 2

    森友問題のキーマン 体調不良を理由に「出廷拒否」の仰天

  3. 3

    豊洲市場開場から1カ月…腐敗臭に続きの床が「穴」だらけ

  4. 4

    鼻を突く生臭さ…豊洲市場の内外で漂い始めた「腐敗臭」

  5. 5

    宮沢りえホクロ取って正解? 鑑定歴25年の占い師に聞いた

  6. 6

    また仰天答弁…桜田五輪相は地元も見放した“柏の出川哲朗”

  7. 7

    ホクロ除去した宮沢りえ 本当の目的は森田剛との“妊活”か

  8. 8

    村上春樹は75年卒…人気作家はなぜ「早大」出身が多いのか

  9. 9

    カラオケ番組で「素人」得点…武田鉄矢が画面から消えた?

  10. 10

    特番「細かすぎて伝わらない」木梨憲武&関根勤不在のワケ

もっと見る