「話しベタですが…」浅田次郎ほか著

公開日: 更新日:

 北海道生まれの歌人・穂村弘は、本屋で目当ての本が見つからなかったとき、なんとなく自力に固執して、店員にきけないことがあったり、電車で席を譲ろうとしても「どうぞ」の一言が言えないこともあり、「他人に声をかける」ことにハードル感覚を覚えるという。ほかに、辛酸なめ子「タメ口コミュニケーション」、山口瞳「人前で話す」、村上春樹「無口なほうですか?」、浅田次郎「寡黙と饒舌」など古今の書き手32人の珠玉のエッセー集。

 どれもが「話す」ということに何らかの関係があるエッセーで、「はじめまして、のハードル」「会話はキャッチボール…?」「喋るばかりが能じゃない」と3章に分けて収録されている。

(河出書房新社 1600円+税)



日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    たとえ自分の議席を失ってもすでに山本太郎は勝っている

  2. 2

    安倍自民は大誤算 首都圏は「最後の1議席」が大激戦に

  3. 3

    維新に5.7億円もの“セルフ領収書”疑惑 参院選直撃は必至

  4. 4

    TV局に「元SMAP使うな」ジャニーズ事務所“圧力”の裏の傲慢

  5. 5

    宮川大輔が頓挫…24時間TVマラソンランナー選出のドタバタ

  6. 6

    「西城秀樹のサインはダメ」と叱ったジャニー喜多川さん

  7. 7

    ジャニー氏死去で数々の噂 KinKi“解散秒読み”報道は本当か

  8. 8

    まるで被害者ヅラ 昭恵夫人が応援演説で公選法違反のススメ

  9. 9

    メッキはがれ始めたコウキ ママ静香プロデュースが空回り

  10. 10

    吉本「契約書なし」にカミついたハリセンボン春菜の正論

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る